Pocket

近年掃除機が目覚ましい進歩を遂げています。各メーカー独自の吸引システムを採用しており、いろいろな人の生活スタイルに適したモデルを販売しています。この記事ではおすすめのスティックタイプの掃除機を紹介したいと思います。また各メーカーから販売しているスティック掃除機の吸引力などを比較してみたいと思います。この記事を通してスティックタイプ掃除機の驚きの性能を皆様にお伝えいたします。

スティックタイプの掃除機の特徴

スティックタイプの掃除機の特徴は?

今、スティックタイプ掃除機が主婦層に大人気です。発売当初は重量がかなりあり、持ち運びも大変な商品が多かったのですが、各メーカー改良を加えて今現在スティック掃除機の重量は2キログラム弱までに軽量化しました。またスティック掃除機の特徴の一つとして、収納性に優れているという点です。キャスター式の掃除機の場合どうしても収納に場所をとってしまいがちですが、スティック掃除機は本体がスリムで収納に場所をとりません。家事は意外と体力が必要なので、スティック掃除機のような軽量でコンパクトな商品が主婦に受ける要因になっています。以下にスティックタイプ掃除機とキャスター式掃除機の特徴を示します。

タイプ メリット デメリット 平均価格
スティックタイプ ・  軽量な商品が多い
・  収納性が良い
・  ハンディタイプとして使用できる商品もある
・  バッテリーの劣化によって吸引力が落ちる場合がある
・  ごみを収集容量が少ない
1万円弱
キャスタータイプ ・  充電の必要がない
・  ごみの収集容量が大きい
・  一度に掃除できる範囲が限られる
・  収納性が良くない
2万円弱

各家電メーカーから様々な機能を持った製品が販売されていますので、上記の特徴は参考までにとどめておいてください。

スティックタイプの掃除機って吸引力は大丈夫?

スティックタイプの吸引力は大丈夫なの?

掃除機を購入する際に気になるポイントとしてごみの吸引力が挙げられます。スティックタイプの掃除機にはバッテリーが搭載されています。掃除機の吸引力はバッテリーの電圧に比例するといわれています。バッテリーの性能によって掃除機の吸引力が大きく変わってくるということです。この、スティックタイプ掃除機に搭載している充電池は主に以下の三種類が使用されています。

  • リチウムイオン
  • ニッケル水素
  • 二カド

この三種類の充電池の中で一番優秀なのがリチウムイオン電池です。長期的に使用が可能で、掃除機の吸引パワーも落ちにくいです。次にニッケル水素電池、二カド電池と続きます。各家電メーカーから詳しい吸引力やバッテリーの性能値を公表していない場合があるので、高価な製品はリチウムイオン電池が使用されていると考えてよいでしょう。購入の際に詳しい性能値を知りたい場合はメーカーのお客様サポートセンターに問い合わせることをお勧めします。

スティックタイプの掃除機、これがおすすめ

スティックタイプ掃除機はこれで決まり!

各家電メーカーから様々なタイプのスティック掃除機が販売されています。以下にお勧めのスティックタイプ掃除機を紹介します。

製品名 おすすめポイント 価格
ツインバード サイクロンスティック型クリーナー ・  軽量(1.7キログラム)
・  紙パックが不要
・  フィルターの水洗いが可能
・  サイクロン方式を採用
4000円弱

この製品のおすすめポイントは軽量であるということと、安価であるという2点です。吸引力の評価も高くコストパフォーマンス抜群の製品だといえます。4月から一人暮らしを始める学生や新社会人におすすめです。

製品名 おすすめポイント 価格
アイリスオーヤマ サイクロンスティック ESC-55K-R ・  ペットの毛など細かなゴミを絡まずに吸引できる

・  紙パック不要
・  ハンディタイプとして使用可能
・  サイクロン方式を採用

7000円弱

この製品のおすすめポイントは掃除機のヘッドにあります。往復ブラシ機構というシステムを採用しており、ペットの毛や細かなゴミが絡まずにスムーズに吸引できる点です。また、ハンディタイプとして使用できるので、車の中や部屋の隅までごみを吸引できます。値段も比較的安価でコストパフォーマンスも大満足の一品です。

スティックタイプとハンディタイプの掃除機を比べよう

スティックタイプとハンディタイプは何が違うの?

上記でスティックタイプの掃除機を説明してきましたが、ハンディタイプ掃除機というスティックタイプよりも小型の掃除機があります。このハンディタイプ掃除機とスティックタイプ掃除機の違いを以下に示します。

タイプ メリット デメリット
ハンディタイプ ・  小型である
・  軽量
・  ヘッドが小さく狭い箇所の掃除が可能
・  バッテリー容量が小さい
・  ごみの収集容量が小さい

ハンディタイプ掃除機はスティックタイプよりも小型なのでバッテリーも小型になってきます。よって、吸引力や使用時間が減少してくる場合があります。しかし、軽量なので手軽に利用でき、大きなヘッドでは掃除が難しい狭い場所の掃除が可能です。スティックタイプとハンディタイプの特徴をしっかりと把握したうえで購入を検討しましょう。

fw_600x68_20191019b