成分表示に注目したサプリメントの選び方

おしゃれなパッケージやカラフルな錠剤となっていて、さまざまな効能が謳われているサプリメント。でも、いったい何からできているのでしょうね。毎日飲むものだけに、成分が気になりませんか?似たような効果があっても、商品によって成分表示に違いがあるようです。最近ではたくさんの機能性食品も販売されていて、効果の違いがわかりにくくなっています。ここでは健康に良いとされる食品の成分や表示、名称による違いを見ていきます。

続きを読む


コーヒーの奥深い歴史を味わう

香り高いコーヒーは生活のなかのアクセントとして、世界中の人から愛されています。でもよく考えると、コーヒーはタネの部分を挽いて飲んでいるんですよね。何だか不思議です。コーヒーはいつ頃から人の暮らしに入ってきたのでしょうか。日本で一般人に親しまれるようになったのは?コーヒーの壮大な歴史物語を紐といて、さらなるコーヒー通になっちゃいましょう!

目次

-コーヒーって、いつごろから飲まれるようになったの?
-日本にコーヒーが伝わったのはいつ?
-コーヒー店(喫茶店)が登場(流行)したのはいつ?

コーヒーって、いつごろから飲まれるようになったの?

有力な二大起源説はなんだかカワイイ

コーヒーの歴史にはたくさんの逸話がありますが、そのなかでも特に有名なのが2つあります。ひとつは、今のイエメンの話。イスラム教の聖職者オマールは、王の娘の病を祈祷で救ったのですが、恋心を抱いたせいで山のなかに追放されてしまいます。空腹に苦しむオマールの前に一羽の美しい鳥が現れます。鳥に導かれるように赤い実からスープを作ったところとても元気になり、その実が話題となったおかげで街に帰るのを許されたという話。

もうひとつは、エチオピアに住んでいたアラビア人のカルディという山羊飼いの話。自分の飼っていた山羊たちが赤い実を食べていて、とても元気だったので、自分も食べてみたそうです。このうえなく気分爽快になったところから、赤い実がたちまち評判になったとのこと。そういえば、コーヒー店の名前にも使われていますよね。

文献に現れたのは10世紀

伝説はひとまずおいて、コーヒーが実際に文献に登場するのは10世紀初期のことです。イスラムの世界的医学者ラージーが、コーヒーの効用について記述しました。さらに11世紀には、哲学者でお医者さんのイブン・シナーという人が具体的な引用法を記しています。ただ、このころはまだ実をまるごと煮るなどしていたようで、現在のように種子を炒って煮出すようになったのは、13世紀に入ってからと言われています。

日本にコーヒーが伝わったのはいつ?

足利将軍もコーヒーを飲んだ?

今でこそ愛好家で溢れる日本ですが、コーヒーを最初に飲んだのはいったい誰だったのでしょうか。ある説によれば、「足利時代にキリスト教布教の目的で日本にやってきたポルトガル人やスペイン人が、すでに持ち込んでいた」と言われています。本当であれば14世紀にはコーヒーが伝わったことになりますが、広まったという話はありません。

文献で確認できる最初の例は、1782年の「万国管窺(ばんこくかんき)」という蘭学者の志筑忠雄が訳した本のなかにあります。「阿蘭陀の常に服するコッヒーと云ふものは形豆の如くなれどもじつは木の実なり」と書いてありますが、味についての言及はありません。訳本なので、実物はまだ見たことがなかったのかもしれませんね。

日本人はコーヒー嫌いだった?

さらに時代が下った江戸末期には、出島の遊女がお土産にコーヒーをもらうなどしていたようです。オランダ商館の医者であったドイツ人のシーボルトが「日本人があまりコーヒーを飲まないのは、すすめ方が悪いからだ。コーヒーが身体に良いことをよく説明すれば、もっと飲むようになるだろう」と語ったことが伝わっています。

それまで日本人が慣れ親しんできたお茶などと違い、個性的な味わいのコーヒーは一般庶民には受け入れられる飲み物ではなかったのでしょう。嗜好品として親しまれるまでには、まだまだ時間が必要だったようです。

コーヒー店(喫茶店)が登場(流行)したのはいつ?

文明開化とともに「カフェスタイル」が到来

明治になり、欧米文化が一気に広まると、西洋料理店ではコーヒーがメニューのなかに見られるようになります。さらに1888年には、東京の下谷黒門町に「可否茶館(かひさかん)」という本格的な喫茶店がオープンします。それまでは特別な人たちの飲み物というイメージだったコーヒーが、いよいよ庶民の楽しみのひとつとなったのですね。本家本元の「可否茶館」は残念なことに3年足らずで閉店。しかし、その後は次第に喫茶店が増えていきます。

コーヒーの普及はブラジル移民の功績も一因に

「カフェー・プランタン」や「カフェー・ライオン」といった、どこかで耳にしたような喫茶店は明治の末頃に開店しました。コーヒーがさらに広まっていったのは、明治41年に開始された、ブラジルへの移民政策が関係しています。移民の多くがブラジルのコーヒー農園で働き、ブラジル政府は見返りとして大量のコーヒーを無償提供したのです。

「カフェ・パウリスタ」はブラジルコーヒーの普及のために開かれた喫茶店で、最盛期には20を超える店舗があったと言われています。1000人もの従業員のなかには、日本のコーヒーの歴史に大きな功績を遺したキーコーヒーの創業者・柴田文次氏の姿もありました。

今やどこに行っても飲める日本のコーヒーには、こんな長い歴史があったのですね。長崎の出島、文明開化の街角、そしてブラジルのコーヒー農園。芳醇な香りに包まれる一瞬、手のなかのコーヒーがたどった道のりを想像してみてはいかがでしょうか。

fw_600x68_20191019b


サプリメントって、期待できるほどの効果があるの?

世の中に溢れているサプリメントの広告。すべてを鵜呑みにしていたら、とんでもないことになりそうですが、果たして何らかの効果は期待できるのでしょうか。アメリカでは、医学誌に掲載されたサプリメントの効果への否定的な論文が話題となりました。日本の厚労省も、サプリメントの誇大広告について注意を呼びかけています。とはいっても、「すべてのサプリメントについてまったく効果なし」というのも乱暴な話のようです。ここでは、効果的なサプリメントの用法について考えていきましょう。

続きを読む


一口にコーヒーと言ってもいろいろな種類がある

朝起きがけの一杯、ブレイクの一杯。コーヒーがなければ毎日が過ごせないという人も多いですよね。以前は身体に悪い飲み物のように言われていたコーヒーも、最近の研究では逆にがん予防効果があるなどの研究結果が報告されています。古代の人はコーヒーを薬として活用していたという説もあるので、効能が体感されていたのかもしれませんね。さらに美味しくコーヒーをいただけるように、コーヒー豆の名前やさまざまな飲み方の種類などを詳しく説明していきます。

目次

-コーヒーの種類には何がある?
-コーヒー豆にもたくさんの種類がある!
-コーヒー・カフェラテ・カプチーノ、いったい何が違う?
-あなたに合ったコーヒーの選び方

コーヒーの種類には何がある?

単に薄いのがアメリカンコーヒーではない

日本でおなじみのコーヒーの飲み方としては、アメリカンコーヒーがあります。実は、こうした呼び名は、本国のアメリカでは使われていません

アメリカンコーヒーというと、味が薄いコーヒーと思っている人がいるようですが、それは完全な間違い。アメリカンコーヒーは浅煎りの豆を使用したコーヒーを指し、味わいはライトです。苦味よりも酸味のほうを強く感じ、ブラック向きと言われています。が、アメリカでは60%の人が砂糖やミルクを利用するそうです。アメリカではパーコレーターを使う家が多いので、浅煎りが好まれるのかもしませんね。

豆自体が浅煎りのせいでコーヒーの色が薄く、お湯で割っているなどの勘違いもありますが、そちらは“アメリカーノ”と呼ばれる別モノです。

マシンで入れる深入りヨーロピアン系

深煎りした豆を使い、マシンで圧縮して抽出するのがエスプレッソです。濃厚な味わいのため、小さなカップで出されます。半分の大きさのカップを意味する「デミタスコーヒー」と呼ばれることもあります。苦味が強く濃いので、カフェインが気になりますが、実はまったく逆。カフェインは煎りが深くなるほど揮発し、抽出時間が少ないほど減ります。深煎り豆で短時間抽出をするエスプレッソとドリップコーヒーを比べると、エスプレッソのほうがカフェイン量が少ないのです。外国の方が夜の食事の後に、エスプレッソを飲んでも平気なのには、そんな理由があったのですね。

コーヒー豆にもたくさんの種類がある!

コーヒーの品種は大きく分けて2つ

コーヒーの品種は、アラビカ種とロブスタ種の2つになります。世界生産の6割弱を占めているのが、アラビカ種。酸味が強く、花のような甘い香りが特徴的。標高1000~2000mの熱帯高地での栽培に適しており、栽培には非常な苦労が伴います。また、病害虫にも弱いので、生産者は細心の注意を払って育てているのです。全世界にはアラビカ種から派生した亜種がたくさんあり、それぞれに少しずつ香りが異なっています。
ロブスタ種はアラビカ種よりも苦味が強く、香ばしい香りがします。アラビカ種よりも標高が低い場所で育てられるので、比較的栽培が容易とされています。

コーヒー豆の名前は産地名から付けられる

コーヒー豆は、コーヒーノキの種子です。なんともシンプルですが、生産地の気候や風土によって形や味、香りなどに個性が出ます。

コーヒーの銘柄の由来としては、コロンビア、ケニア、ブラジル、グァテマラなどの国名、キリマンジャロ、ブルーマウンテン、エメラルドマウンテンなど山の名前、モカ、サントスなど港名、コナ、マンデリン、ジャワなど栽培地名から付けられたものがあります。

◎品種と特徴

品種名 産地・特徴
メキシコ やわらかい上品な味が特徴。酸味と香りが程よい感じ
グァテマラ 甘い香り、酸味は控えめでぜいたくな風味が特徴
ブルーマウンテン コーヒーの魅力をすべてあわせ持つ絶妙なバランス
クリスタルマウンテン 酸味&苦みが程よくマッチした上品な味わい
コスタリカ 香りたつ豊潤さと適度な酸味。口当たりはマイルド
コロンビア コクがあり、刺激的でない酸味と甘みが感じられる
ベネズエラ 独特の苦みと軽い酸味が個性的なコーヒー
ブラジル・サントス コーヒーらしさを感じさせる苦味と酸味。飽きのこない味わい
ハワイ・コナ 南国らしい強めの酸味と華やかな香り
モカ やわらかな酸味とフルーティな香りで高い人気
ケニア 力強い酸味とスッキリとした味わい
キリマンジャロ 強い酸味プラス甘い香り。コクは深め
マンデリン 上品さが漂う控えめな苦味と甘い香り
ロブスタ 個性的な強い酸味と苦味。香ばしさが魅力的

コーヒー・カフェラテ・カプチーノ、いったい何が違う?

メニューで迷わない カフェアレンジの種類

ステキなカフェで何となくオーダーしているけれど、「あれ?どこが違うんだっけ?」。何かが違うけれどわからない、そんなモヤモヤを解決しておきましょう。

特に似たようなドリンクには、カフェオレ、カフェラテ、カプチーノがあります。どれもコーヒーにミルクが入っているようですが……。

l  カフェオレ:ドリップコーヒー&ミルクの割合は50:50
l  カフェラテ:エスプレッソコーヒー&ミルクの割合は20:80でミルクが多め
l  カプチーノ:エスプレッソコーヒー&泡立てミルク・スチームミルク

さらにややこしい「マキアート」って?

マキアートはエスプレッソコーヒーにスチームミルクを入れたものですが、その量が問題です。「マキアート」はイタリア語で「染みのついた」状態を指します。カプチーノよりミルクが少ないので、入れたときに「シミ」のように茶色く跡が出現するようすから、この呼び名がついたといわれます。表面にイラストを描いてくれる「ラテアート」は「マキアート」でなければうまくいかないということなんですね。

最近はコーヒーアレンジも増え、キャラメルマキアートなど、スイーツのように甘いメニューや、スパイスを効かせた大人の味わい方を楽しむことができます。

あなたに合ったコーヒーの選び方

まずは煎り具合を好みから選ぶ

ここまでコーヒーの種類をみてきましたが、好みの豆を選ぶのは何だか難しそうですよね。でも、結局は誰かのおススメよりも、自分の好みが一番重要です。最初は「苦味」で考えてみましょう。

コーヒーの苦みが好きな人は深煎り、苦手な人は浅煎りを選びます。アメリカンコーヒーの話が先にありましたが、煎りが強いと苦味も強くなります。酸味に関してはこの逆。煎りが浅いほうが酸味を感じます。

煎りの度合いは、強い順に以下のようになります。

イタリアンロースト・・・・・深煎り
フレンチロースト       ↓
フルシティロースト      ↓
シティロースト        ↓
ハイロースト         ↓
ミディアムロースト・・・・・浅煎り

豆の鮮度が高いお店のスペシャリティに聞こう

豆の味については、なかなか素人では“どれ”と決めることが難しいもの。まずは、鮮度の高い豆を扱っている専門店で、イチオシのブレンドを飲んでみましょう。

そこから、「もう少し酸味が軽いもの」や「香りが甘い方が良い」など自分の好みを加えていきます。専門店では「今日のおすすめ」コーヒーの試飲を行なっているので、それを基準に教えてもらっても良いでしょう。

ある程度好みがある人は、「モカ系は苦手」「ロブスタのような個性的なコーヒーが好き」などと伝えれば、より自分に合ったコーヒーを見つけてくれるかもしれません。
コーヒーは飲んでみなければわからないもの。好みにぴったり合う一杯を探して、コーヒーブレイクをさらに楽しんでくださいね。

fw_600x68_20191019b


味わい深い、さまざまな紅茶の種類

白いティーカップに美しい琥珀色の紅茶。香り立つ湯気が、何とも優雅な気分にさせてくれますよね。英国貴族の昼下がりを想像して憧れてしまいますが、紅茶はどうしてあんなにきれいな色をしているのでしょうか。種類によって違いはあるのでしょうか。最近言われている紅茶の効果や効能も気になります。ここでは紅茶のその種類や特徴について見ていくことにしましょう。

続きを読む


あなたは紅茶派?それともコーヒー派?

世の中にネコ派とイヌ派がいるように、飲み物の好みも紅茶派とコーヒー派に分かれるようです。どちらも好きという人も、毎日の生活のなかで割合を考えると、よく飲むほうは決まっているようです。いずれ劣らぬ香りと味わいであることに間違いはありませんが、カフェインなど、健康面から見た場合にはどう違いがあるのでしょうか。また、淹れ方などについても知っておきたいですよね。ブレイクタイムにかかせない、紅茶とコーヒーのいろいろな違いについて見ていきましょう。

続きを読む


午後は紅茶を飲んで歴史に浸る

子どもからお年寄りまで、コーヒーよりもさらに幅広い年代に親しまれている紅茶。紅茶の伝統と言えばイギリスを思い浮かべますが、その歴史とはどのようなものなのでしょうか。授業では中国から海を渡って輸入されたと習いましたよね。なぜイギリスが紅茶の国と言われるようになったのか、アフタヌーンティーなどの習慣についても興味深いものがあります。ここでは白いカップに紅色に香り立つ紅茶の、知られざる歴史を紐といていきましょう。

続きを読む


世界中で飲まれているお茶の種類を熱く語ろう

昨今に健康ブームで、お茶が見直されています。おしゃれなお茶ショップも見かけるようになり、若い女性でにぎわっています。日本人に親しみのある緑茶にも、さまざまなブレンドがなされているようですね。お茶の起源は中国と言われていますが、世界各地でそれぞれに広がって親しまれています。緑茶や紅茶、中国茶にはどのような種類があるのでしょうか。知っているようで知らなかったお茶の世界をのぞいてみましょう。

続きを読む


温度計の奥深い世界

皆さん、熱中症対策は万全ですか?そんな熱中症対策に必要なアイテム「温度計」ですが、今ではいろいろな種類の温度計が販売されています。なんと、スマートフォンを使用した温度計なども販売されています。そこで、この記事では温度計のシステムと最新のおすすめ温度計を皆様にご紹介します。

続きを読む


デジタル湿度計の世界

皆さん、最近蒸し暑い日が続いていますね。日本は湿度が高い国です。特に夏場は温度とセットで湿度も把握しておきたいところですね。そこで、この記事ではデジタル湿度計のシステムやおすすめの湿度計などを紹介したいと思います。みんなで湿度に関して勉強しましょう。

続きを読む