修正液を落とすテクニック

書類のちょっとした間違いを直すのに重宝な修正液ですが、うっかりしてあちこちに付けてしまうのは良くあることです。手や衣服など意外な場所で固まっていると、落とすのに苦労します。プラスチックに白く付着しているのも、厄介ですね。ここでは色々なところについてしまった場合の、修正液の上手な落とし方についてご紹介していきます。

目次

-手についた修正液の落とし方
-服についた修正液の落とし方
-紙についた修正液の落とし方
-プラスチックについた修正液の落とし方

手についた修正液の落とし方

早めに洗うのがベスト 少しずつ落として

修正液は速乾で固まります。手に付いてしまった場合には、ぬるま湯と石鹸で洗うのが王道です。インク会社のサイトでは、ハンドウォッシュでも普通の石鹸でも良いとあります。また、クリームクレンザーは、微細な粒子が入っているので、より効果があるようです。ただし、一度で落としきれるということではなさそうです。比較的平滑な場所は落ちやすいのですが、手のしわや指紋に入り込んだ修正液については、「徐々に落ちる」と記載されています。時間の経過に従って、ポロポロと固形化した状態ではがれていきます。

どうしても早くキレイにしたい!場合はコレ

一発で落としたいのであれば、少々乱暴ですが、マニキュア用の除光液が有効です。シンナーなどと比べて、肌に優しく、家にある場合も多いのが嬉しいですね。コットンやティッシュペーパーにたっぷりと含ませて、ふきとるだけ。かなりキレイに落とすことができます。除光液は揮発性です。肌が乾燥しやすいので、処理後は手を良く洗った上でハンドケアをしておきましょう。また、独特の刺激臭があるので、人によって臭いが苦手な人も。職場など他人のいるところを避けて使い、良く喚起をしておきましょう。

服についた修正液の落とし方

身近なもので何とか処理したいとき

修正液をスカートなどにポタリとたらしてしまったら、かなりショックですよね。慌ててふきとろうとすると、余計に被害が広がってしまいます。修正液はかなり乾きが速いので、濡れているうちに処理するのはおそらく間に合いません。乾いて固くなってきたら、一度良くもんでみてください。繊維が粗い布の場合には、粉になって落ちていきます。その後、歯ブラシでよくこするとかなり目立たなくなります。さらに落としたい場合には、歯磨き粉を使います。修正液の部分に歯磨き粉を塗り込み、指先でもんで、洗い流します。さらにブラシに歯磨き粉を付けたもので、軽くたたき込むようにして修正液を落としていきます。

繊細な素材の場合にはプロに任せるのが一番

歯磨き粉は漂白作用の強い物を使うと、生地の色が抜けてしまうので気をつけてください。叩き込んでは洗い流す、をくり返すことで徐々に目立たなくなります。洋服地によっては、水洗い不可のものもあります。クリーニング表示を確認し、色落ちや生地の傷みを調べてください。不安な場合には、日を置かずに専門店に相談するのが一番です。起毛素材や薄地の生地の場合には、色抜けや穴が開くことも考えられます。素人判断は禁物。大切な洋服の場合には、無理をせずに慎重に扱うのが一番良い方法です。

紙についた修正液の落とし方

基本的に紙から修正液を落とすのは困難

メーカーサイトでは、紙についた修正液を落とすのはかなり難しいと解答されています。どうしても試すのであれば、下に書かれた文字が消える事もある場合を想定して行ってください。修正液は一度紙についてしまうと、はがすことはできません。顔料が溶剤と混合され、紙の繊維に密着して固まります。修正液にも、水性や油性などさまざまな種類があります。よく表面を観察し、紙の折り曲げによってヒビが入るようであれば、取れる可能性があります。表面から少しずつナイフなどの刃先で削ってみましょう。また、紙やすりなどを使う方法もあります。紙に穴を開けたくないのであれば、つま楊枝などで根気よく削ることをおすすめします。

テープ型の修正液は乾かして接着する

修正液は、乾いた方が紙から取れやすくなります。液体の場合にも、一度ドライヤーで良く乾かしてからチャレンジしてみてください。テープ型の修正液は、液体よりもかなりもろいので、うまくはがせる可能性が高いようです。こちらもドライヤーで良く乾かしてから、粘着テープを使ってはがします。あまり強力なものだと紙自体を破ってしまうので、気をつけてください。普通のセロテープで、修正テープ部分のみ付けるようにして、少しずつはがします。2重3重に貼られたものでも、何度か接着することでうまくはがせるようです。

プラスチックについた修正液の落とし方

溶剤はプラスチック素材の変質に注意

プラスチックについた修正液を落とす方法には

  • スクレーパー状のものでかき落とす
  • テープなどで接着させて落とす
  • 溶剤で落とす

などが考えられます。かき落とす場合には、プラスチックよりも固い素材ではキズが残る場合もあります。割り箸や、接着剤についてくるヘラなど、比較的柔らかいものを使用してください。耐久性があるプラスチック素材ならば、ガムテープなど強力な接着効果のあるものを使って落とすこともできます。溶剤としては無水エタノール、除光液などがありますが、プラスチック自体が溶解したり、変色する可能性があるので、見えない部分でテストしてから行なうと良いでしょう。

自然のしみ抜き剤が意外な効果を発揮

アロマオイルなどをお使いになっている場合には、手元のティーツリーオイルが役立ちます。うがいや殺菌効果で知られているオイルですが、実は強力なしみ抜き効果もあります。使い方は、他の溶剤と同じくティッシュやコットンに含ませてふくだけ。プラスチックの変質もなく、すんなりと落とすことができます。自然由来のものなので、良くふき上げるだけでペットなどへの害もなく安心です。肌についた修正液も落とせますので、お手持ちであればぜひ、試してみてください。

fw_600x68_20191019b


SNSでもご購読できます。

コメントを残す