電子辞書を120%使いこなそう!

ビジネスマンの人も学生の人も一度は「電子辞書」を使ったことがあるのではないでしょうか?ちょっとした調べものから英語の勉強もできてしまう優れモノですよね。でも、意外と電子辞書を使いこなせてない人が多いように見受けられます。そこでこの記事では軽量で携帯にも便利な電子辞書の賢い使い方から、電子辞書の裏技まで皆様に紹介したいと思います。また、高性能なおすすめの電子辞書も紹介したいと思います。電子辞書を使いこなして賢くなりましょう!

目次

-電子辞書の基本機能
-電子辞書の裏技
-高性能な電子辞書紹介

電子辞書の基本機能

電子辞書の基本機能紹介
最近販売されている電子辞書はハイスペックな製品が多く、どれを買ってよいのか迷ってしまいますよね。そこで、この見出しでは今現在販売されている最新モデルの基本スペックを紹介したいと思います。まず基本機能としてタッチパネルを搭載している製品が多いです。分からない漢字などはタッチパネルで実際に文字を書いて読み方や意味を調べてくれます。また動画の再生機能も搭載されている製品が多いですね。動画の再生機能は語学の勉強などに使用している人が多いみたいです。さらに、辞書関係のデータが100冊近く内蔵されているものが多いです。

・タッチパネル機能搭載
・動画再生機能搭載
・辞書関連書籍100冊程度内蔵

大体どの電子辞書を選んでも上記の機能が使用できるモデルが多く販売されています。

電子辞書の裏技

電子辞書の裏技紹介
実は電子辞書には裏技が数多く存在します。この見出しではそんな電子辞書の裏技をいくつか紹介したいと思います。

電子辞書はネットには接続できませんが、パソコンのデータを辞書に移すことは可能です。なので、ネットが使えない環境でも事前にデータを電子辞書に入れておけば、電子辞書でお気に入りの小説などを読むことも可能です。また、カシオの電子辞書ではNHKのラジオ英会話が収録されており、本格的な英会話を場所を選ばずに勉強できます。学校の授業ではスマートフォンの使用は禁止されていますが、電子辞書の使用は許可されているところが多いので、いかにして電子辞書を自分色にカスタマイズするかがミソですね。

・パソコンのテキストデータなどを電子辞書に写すことができる
・カシオの電子辞書ではNHKのラジオ英会話が収録されている
・拡張性が高い電子辞書は用途によってカスタマイズすることができる

電子辞書の裏技は他にもたくさんありますが、あくまで勉強やビジネスのサポート的な役割で使用するのが理想ですね。電子辞書に頼りすぎるのも考え物ですね。

高性能な電子辞書紹介

おすすめの電子辞書3選
最初におすすめする電子辞書はカシオから販売されている「カシオ電子辞書エクスワード高校生モデルXD-Y4800WE」です。この製品のおすすめポイントは、センター試験の対策の参考書や辞書が内蔵されている点です。まさに高校生のための電子辞書だといえます。動画の再生機能も搭載されており、楽しく勉強できるように設計されています。

製品名/メーカー おすすめポイント 価格
カシオ電子辞書エクスワード高校生モデルXD-Y4800WE/カシオ ・センター試験対策の資料が内蔵されている
・動画再生機能搭載
・スマートフォント連動機能あり
28000円前後

次に紹介するおすすめの電子辞書は、同じくカシオから販売されている「カシオ電子辞書エクスワードビジネスモデルXD-K8700」です。この製品のおすすめポイントはTOEICに対応したコンテンツが多く内蔵されている点です。より実践的な英語が勉強できる内容になっています。英会話を勉強しなければならないビジネスマン向けの電子辞書です。

製品名/メーカー おすすめポイント 価格
カシオ電子辞書エクスワードビジネスモデルXD-K8700/カシオ ・TOEIC対策のコンテンツが内蔵されている
・ビジネス専門用語が内蔵されている
・NHKラジオ英会話内蔵
28000円前後

最後に紹介するおすすめの電子辞書はシャープから販売されている「シャープ音声コンテンツ搭載・タイプライターキー配列電子辞書PW-AM700」です。この製品のおすすめポイントはコストパフォーマンスの良さです。電子辞書としての最低限の内容をカバーしており、操作が簡単でシンプルな設計となっています。ちょっとした調べごとに使用するのであれば十分な内容になっています。

製品名/メーカー おすすめポイント 価格
シャープ音声コンテンツ搭載・タイプライターキー配列電子辞書PW-AM700/シャープ ・音声コンテンツ搭載
・操作が簡単
・比較的安価
10000円前後

電子辞書はいろいろな機能が搭載されているので、用途や自分のライフスタイルに適した製品を使用するようにしましょう。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す