【印刷用紙の豆知識】レーザープリンター用紙とは?

プリンター用紙は「レーザープリンター用」と「インクジェットプリンター用」がありますよね。両者の違いをご存知ですか?今回は2つの用紙の違いと、レーザープリンター用紙の選び方についてご紹介していきます。

目次

-インクジェットとレーザーの違い
-レーザープリンター用紙とは
-カラーレーザー用紙の選び方

インクジェットとレーザーの違い

・レーザープリンターとは
レーザープリンターは、感光体にレーザーを当てて潜像をつくり、トナーを使って転写するという印刷方法です。

印刷数が多い場合は、インクジェットプリンターよりもコストパフォーマンスが良くなります。そのため、書類を大量に印刷するようなビジネスの場で使われていることが多いです。印刷速度も速く、普通紙でもにじみにくいのが特徴です。

ただし、レーザープリンター自体の価格が比較的高いため、初期費用が高額であるというデメリットもあります。

・インクジェットプリンターとは
インクジェットは、インクを紙に噴射して印刷をする方式です。初期費用が安いことから家庭用プリンターにもインクジェットタイプが多くあります。

インクを使うからこそ、色が鮮やかに印刷されるのが特徴です。写真などのカラー印刷に向いています。

ただし、普通紙に印刷をすると色がにじみやすいこと、印刷には比較的時間がかかること、インクの消費が早いためコストパフォーマンスが悪いことなどのデメリットもあります。

レーザープリンター用紙とは

・レーザープリンター用紙の特徴
レーザープリンター用につくられた印刷用紙のことです。レーザープリンターは大量印刷に向いているため、モノクロ印刷向けのレーザープリンター用紙は割安な「普通紙」であることが多いです。

また、カラー印刷する場合は、カラーレーザー用紙を購入しましょう。レーザープリンター専用の用紙もあれば、レーザーもインクジェットも両方とも使えるものもあります。

カラーレーザー用紙の選び方

・ 両面印刷か片面印刷か
両面印刷をするチラシの場合は「コクヨ カラーLBP&カラーコピー両面マット紙薄口」のようなものを選びましょう。片面しか使わない場合は、片面印刷用の紙を選ぶ必要があります。

・厚手か薄手か
用紙の厚さも考慮して選ぶ必要があります。POPやカタログに使うには厚手タイプが、チラシに使うには薄手タイプがオススメです。

・光沢感
写真を印刷する場合は「光沢紙」、カタログ印刷などには「半光沢紙」や「マット紙」を選ぶのがオススメです。紙によって雰囲気が大きく変わるので、目的に応じた光沢感を選びましょう。

・耐水性が必要かどうか
水にぬれる可能性のあるラベルや値札をつくりたい場合は、「コクヨ レーザー用耐水ラベル」のような紙を使いましょう。水にぬれても破れにくく、粘着力が強いのが特徴です。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す