業務用ティッシュペーパー通販のまとめ。価格や選び方まで

業務用のティッシュペーパー、どれでもいいから安いものをと選んでいませんか?確かに家庭用と比べれば、会社で使うティッシュペーパーは大量購入での通販が一般的です。しかし同じ激安商品であっても、薄さや質感などに違いはあります。企業用であっても高いクオリティを感じさせることで、来客や顧客にちょっとしたアピールができます。ここでは低い価格でお得に購入しながら、使い心地に満足できる業務用ティッシュペーパーについてご紹介してゆきましょう。

目次

-業務用通販サイトでティッシュペーパーを買うべき3つの理由
-業務用ティッシュペーパーの価格分析。企業がティッシュを選ぶポイント
-業務用ティッシュの新定番!詰め替え用のメリットデメリット
-ウェットティッシュ(アルコールティッシュ)を業務用で買う

業務用通販サイトでティッシュペーパーを買うべき3つの理由

日本で初めて発売されてから、すでに50年あまりというティッシュペーパー。生活の中では、空気や水同然にあることが普通です。鼻をかむ、化粧を直す、食事時やちょっとした汚れ落とし等、ティッシュペーパーの活躍の場は限りがありません。飲食店やホテルはもちろん、オフィスや美容院、各業種の店舗など、常に来客用、従業員用に切らしたくない備品のひとつです。そんなティッシュペーパーは、スーパーでもコンビニでも買えますが、業務用で買うとしたら通販サイトで買うのが断然おすすめなんです

通販でティッシュペーパーを買う3つのメリット

通販でティッシュペーパーを買うメリットは3つあります。

  1. オリジナルブランドはなんといっても値段が魅力!
  2. 送料無料の通販サイトで!買い出しの手間もかかりません
  3. 買えば買うほどお得なまとめ買い効果

オリジナルブランドのティッシュぺーパーには、通常の商品に上乗せされる、広告料や販促費がかかっていません。そのため、通販オリジナルブランドのティッシュペーパーは、品質を保ったまま、お買い得な価格でお客様に提供できるのです

通販と聞くと送料が気になるところですが、送料無料を選べば問題ないです。当たり前のことですが、1,000円以上買えば無料など条件付きで送料無料のところもあるのでちゃんと送料が無料になるのかどうか確認しましょう。また通販なら購入時のご負担が気になりません。ティッシュを買うのは家庭でもかさ張って大変ですが、会社用となるとさらに持ち運びが楽ではありません。通販ならばオフィスまで届くので、備品管理担当の方も気軽に購入することができます。

一般店舗では個数による値引きは期待できませんが、通販ならばまとめ買いでさらにお値引きいたします。まとめ買いの個数よっては、5%、10%引きと割引率が大きくなります。消耗品の代表のようなティッシュペーパーは、切らしてしまうと皆が困ります。まとめ買いで、安心な上に安くお得に購入できます

通販の業務用ティッシュは格安でも質は十分!

通販のティッシュペーパーと聞くと、ゴワゴワしていたりすぐに破けたりといった品質の低さが気にする方も多いでしょう。でも、決してそうではありません。オリジナルブランドのティッシュペーパーが安いのは、大量発注、生産をすることで価格が抑えられるからです。その分品質にこだわりをもって作ることができ、柔軟性や耐久性にも十分ご満足いただける商品となっています。

業務用ティッシュペーパーの価格分析。企業がティッシュを選ぶポイント

ティッシュペーパーの販売価格は質と枚数で決まる。

ティッシュペーパーの販売価格は、箱あり・箱なし、生産体制などを別にすると、品質とひと箱分の枚数によって決められます。ティッシュペーパーはその薄くしなやかな特性を保とうとすると、紙1枚では製造過程で問題が生じます。そのためどのメーカーでも多くの場合、2枚で1組となっています。この2枚を組み合わせることで、紙の裏表による肌触りの違いもなくなります。

価格を考える場合、同じひと箱でも、200組400枚、180組360枚、160組320枚という違いがあります。このため、厳密に価格を比較する際には、ひと箱あたりではなく、1枚もしくは1組あたりの価格を考えると良いでしょう。

企業や会社が業務用ティッシュぺーパーを選ぶポイント

会社などの事業体でティッシュペーパーを選ぶ際には、お客様に使って頂いても恥ずかしくないクオリティでありながら、価格が安いということ、さらに在庫でできるだけかさ張らないことがポイントに挙げられるでしょう。ひと箱あたりの枚数が少なすぎると、減りが早く、出し直す手間が多くなります。また在庫もそれだけ場所を取ります。紙一枚の大きさもメーカーによって微妙に異なるため、手ざわりに加えて使い勝手が気になるところです。それらをクリアした上で、価格に値ごろ感があるものがベストということになります。

チェックポイント 気をつけるポイント
低価格 枚数・組数に対しての価格
品質 手ざわり・大きさ・強度など
管理のしやすさ ひと箱あたりの枚数が多いか

企業が業務用として購入する際は、商品の品質を確認しながら検討をします。利用する場所、使う人の属性によって、会社がティッシュペーパー購入にかける費用は異なります。まとめ買いによる割引や、利便性も検討材料として適正なものを選ぶようにしましょう。

業務用ティッシュの新定番!詰め替え用のメリットデメリット

詰め替え用ティッシュペーパーとは

詰め替え用ティッシュペーパーとは、紙箱なしで中味だけで販売している商品のことです。それぞれお好みのケースに入れたり、別売りの箱もあります。

まだまだ主流はボックスティッシュですが、空箱が出ないことから業務用をはじめ個人でも利用する人が徐々に増えています。

業務用で詰め替え用ティッシュペーパーをおすすめする3つの理由

  • 空箱ゴミ削減でエコに貢献
  • かさ張らず在庫管理も楽々
  • 好みのケースならば雰囲気に合わせて演出できる

詰め替え用といっても、品質内容は箱入りティッシュとなんら変わりはありません。詰め替え時のゴミが削減でき、エコ対策になります。多くのゴミに悩まされる企業体としては、ティッシュの箱ひとつでも馬鹿にはなりません。使い替えの際、紙箱をつぶして捨てるちょっとしたストレスもなくなります。

備品置き場で箱ティッシュは意外と厄介ものです。重ねておいたらつぶれていて、いざ使おうとした時に見栄えが悪くなっているということも。詰め替え用ならば、箱入りよりもかさ張らず、少しくらい押されても大丈夫。備品置き場の場所の節約にもなります。

美容室やラグジュアリー感を大切にしたいショップなどでは、普通の箱ティッシュのままでは面白みがありません。そこで、詰め替え用ティッシュを使うことで、ティッシュ箱のアレンジが自由自在にできます。詰め替え用のティッシュペーパーが普及した現在、おしゃれで見た目の面白い詰め替え用ティッシュケースは多く販売されていて、すっきりとイメージアップできます。

詰め替え用のデメリット。詰め替え用と箱入りの価格比較

業務用としてメリットの多い詰め替え用ティッシュペーパーですが、その価格は箱入りのボックスティッシュに比べてどうなのでしょうか。箱入りと詰め替え用ティッシュペーパーの価格を1組当たりで比較しました。

箱入りティッシュペーパー 詰め替え用ティッシュペーパー
1組の価格(税抜) 約0.3円 約0.5円

意外なことに詰め替え用の方が箱に入ったティッシュペーパーよりも単価が高いのです。詰め替え用ティッシュペーパーよりも、購入コストを考えると箱入りのほうが良いのかもしれません。

ウェットティッシュ(アルコールティッシュ)を業務用で買う

こんな時に必要!法人でのウェットティッシュの使い道

ティッシュに次いで便利用品の市民権を得ているのが、ウェットティッシュです。オールマイティに様々なシーンで活躍していますが、清潔を好む日本人の特性とはまさにベストマッチ。会社や飲食店、ホテルでは実はドライのティッシュよりも、活躍の場が多いかもしれません。最近は、いろいろな感染症が話題になることも多く、清潔な環境のイメージアップとしても、ウェットティッシュを目にすることで安心感がもたらされます。

オフィスで気になるのが、PC回りの汚れ。マウスやキーボードなど、液晶以外は通常のウェットティッシュでも十分に対応できます。共用PCを使い終わったら、さっとひとふきするくらいの心遣いが欲しいものです。パソコン教室などでは、備えつけのマウスやキーボードを生徒さんが入れ替わる短時間で清掃ができるため、良く使われています。
同様に企業の電話なども、他人が使った後を気にする人が増えています。定期的にふき取るために、ウェットティッシュの機動性が活躍します。
最近は禁煙のオフィスも増えてはいますが、応接室には灰皿がある会社も多いでしょう。飛び散った灰をさっとふき取るのも、ウェットティッシュの役割です。その他、筆記用具や、ちょっとしたデスクの汚れなどにも。ウェットティッシュがデスク周りに常備されていれば、清掃の際の手間もだいぶ省くことができます

もちろん、今すぐ手を洗いたいけれど席を離れられないという場合に、重宝することは間違いありません。その他に、ウェットティッシュは、焼き肉などで髪についた臭いを取る手段として有効です。女性客への気に効いたサービスとして提供してみても良いでしょう。除菌タイプのものは、会社で来客用スリッパを利用している場合、定期的にふき取ることで清潔が保たれます。最近は、全身や口の中までふけるタイプも開発されています。防災の備えとしても、企業や大きな事業体では是非常備しておきたいものです。

ウェットティッシュ、アルコールティッシュを安く買う2つの方法

ティッシュと同様に切らしてしまうと何かと不便なウェットティッシュやアルコールティッシュですが、通販ならではのお得な購入メリットが主に2つあります。

  1. まとめ買いと送料無料
  2. 詰め替え用でエコな職場環境に

ティッシュと同様に、送料無料で買うことで通販にありがちな余計な経費が掛からずにすみます。余計な負担を気にすることなく、高品質・低価格な商品をゆっくりと選ぶことができます。水分を含むウェットティッシュはたくさん買うと、結構な重さになります。たくさん買ったとしても通販ならばオフィスの入口まで配送されるので、女性の事務員さんでも楽に管理できます。

ウェットティッシュはその性質上、密閉された容器が必需品です。会社でみんなが使えばそれだけサイクルが早く、使い替えごとに廃棄物が出るのは困りものです。そこで、詰め替え用を利用すれば、地球環境にも優しく、さらに経済的。
ウェットティッシュの詰め替え用も、パッケージ個数によって割引率がアップするため、通常の店舗に比べてお得に購入することができます。

fw_600x68_20191019b


SNSでもご購読できます。

コメントを残す