コピー用紙の値段特集!1枚の相場やサイズの価格比較

677100

できるだけ安い価格、値段でコピー用紙を買いたいと思っても、実際いくらくらいの金額が業務用で買うのに安いのか調べて比較していくのは大変です。そこでこのページではコピー用紙1枚の値段に注目し、コピー用紙の値段についてまとめました。また本当に安い価格のコピー用紙を紹介しています。

目次

-業務用コピー用紙1枚当たりの値段、A4サイズの相場は約0.7円
-コピー用紙の値段とサイズの関係。サイズごとの相場早見表
-コピー用紙の値段は種類で変わるのか。普通紙と再生紙、わら半紙を比較

業務用コピー用紙1枚当たりの値段、A4サイズの相場は約0.7円

コピー用紙の価格は重さで決まる

コピー用紙の値段は、そのコピー用紙の重さによって決まります。しかしコピー用紙の重さといっても、実際にはピンとこないことがほとんどだと思います。コピー用紙の重さはそのサイズや種類によって決まるので、実際にはサイズと種類で価格が決まると考えたほうがわかりやすいです。

ただしコピー用紙の種類には、厚さや白さ、材質など無数に存在するため単純に比較するのは難しいです。ひとまずここでは、一般的なコピー用紙である普通紙の値段を取り上げます。

コピー用紙の値段は1枚当たりで考えるべき

コピー用紙の価格を考えるときは、1枚当たりで計算します。業務用や法人でコピー用紙を買うのに500枚や5,000枚で買う場合が多いと思いますが、それぞれを単純に比較するのは難しいです。そこで1枚当たりで金額を見ることで、本当に安いコピー用紙を選ぶことができます。

A4のコピー用紙を買うとき、500枚のコピー用紙が税抜350円以上か未満かが1つの基準になると思います。つまり1枚当たり0.7円未満であれば、安いコピー用紙だと言えます。(2015年8月価格.COM調べ)

コピー用紙の値段とサイズの関係。サイズごとの相場早見表

種類が一緒ならばサイズが大きいほうが値段は高くなります。A4サイズより一回り小さくよく使われるB5サイズの平均価格は1枚あたり0.6円前後で、A4サイズより一回り大きいB4サイズのコピー用紙の平均価格は1枚当たり約1.2円です。当然のことですが、サイズによって予想以上に金額が変わることがあるので、必要なコピー用紙のサイズをしっかり確認してできるだけ安くお得に購入したいですね。

サイズの違いによる相場価格の比較を以下の表にまとめました。(2015年8月価格.COM調べ)

サイズ 1枚当たりの金額相場
A3 約1.7円
B4 約1.2円
A4 約0.7円
B5 約0.6円
A5 約0.6円

また業務用コピー用紙は当然、大量購入したほうが1枚当たりの価格は割安になります。500枚で購入するより2,500枚で、2,500枚で購入するより5,000枚で購入したほうが安く買うことができます。コピー用紙でもまとめ買いは、安く買うためのコツなのです。オフィス用品としてコピー用紙を購入するのなら、すぐに切れてしまうのを防止するのにもコピー用紙を一度にまとめて買うことをおすすめします。

500枚 2,500枚 5,000枚
B4
サイズ
商品 コピーペーパーEX B4 500枚
B4、500枚のコピー用紙
コピーペーパーEX B4 500枚×5冊
B4、2,500枚のコピー用紙
コピーペーパーEX B4
500枚×5冊※2箱購入した場合
B4、5,000枚のコピー用紙
1枚の
値段
1.21円(税別) 1.01円(税別) 0.96円(税別)
A4
サイズ
商品 コピーペーパーEX A4 500枚
A4、500枚のコピー用紙
コピーペーパーEX A4 500枚×5冊
A4、2,500枚のコピー用紙
コピーペーパーEX A4 500枚×10冊
A4、5,000枚のコピー用紙
1枚の
値段
0.68円(税別) 0.64円(税別) 0.57円(税別)
B5
サイズ
商品 コピーペーパーEX B5 500枚
B5、500枚のコピー用紙
コピーペーパーEX B5 500枚×3冊
B5、1500枚のコピー用紙
(1,500枚)
コピーペーパーEX B5 500枚×10冊
B5、5,000枚のコピー用紙
1枚の
値段
0.61円(税別) 0.57円(税別) 0.51円(税別)

コピー用紙の値段は種類で変わるのか。普通紙と再生紙を比較

コピー用紙の値段はサイズや購入枚数でも変わりますが、コピー用紙の種類によっても変化します。コピー用紙の種類には、紙に特別な加工をほどこしたコピー用紙とそうでないものがあり、加工してない用紙の方が安くなっています。加工してあるコピー用紙は写真などを印刷するのに向いた加工紙で、一般的にコピー用紙といわれているのは加工されていない方の非加工紙です。

加工されていないコピー用紙、すなわち一般的に言われるコピー用紙は次の2種類に分けられます。

  • 普通紙
  • 再生紙

この中で普通紙はすでに取り上げた通りです。PPC用紙と呼ばれることもあります。PPCは”Plain Paper Copier”の略称です。

再生紙とはその名前の通り、リサイクルされた紙から作られたコピー用紙です。再生紙の中でも有名な物だと、学校などで使われるわら半紙と言われるものがあります。コピー用紙の素材のうち、どの程度が再生紙かによって違ってはきますが、再生紙は普通紙に比べ白色度が低いという特徴があります。では、再生紙の値段は普通紙と比較してどうなのでしょうか。

再生紙の値段は普通紙の値段よりも高い

リサイクル用紙が利用されているわら半紙は、パルプ100%の新品のコピー用紙に比べて安いような気がします。しかし実際は再生紙の方が普通紙よりも価格は高いのです。普通紙と再生紙、わら半紙の値段の違いは次の通りです。

普通紙 古紙パルプ100%配合の再生紙 わら半紙
商品 コピーペーパーEX A4 500枚×10冊

わら半紙より安い普通紙
→この商品の詳細を見る

王子製紙 リサイクルコピー用紙 A4 500枚×5冊

リサイクルコピー用紙
→この商品の詳細を見る

王子製紙 わら半紙苫更 A4 1,000枚

わら半紙(リサイクル用紙)
→この商品の詳細を見る

販売枚数 5,000枚 2,500枚 1,000枚
1枚の値段 0.57円(税別) 0.66円(税別) 0.74円(税別)

わら半紙(再生紙)が使われる3つの理由

普通紙よりも高くて白色度も低い再生紙が使用されるのには次のような理由があります。

  1. 1990年代後半までは普通紙よりも安価だった
  2. 簡易印刷機(輪転機)のインクが乗りやすい
  3. 木材パルプより環境に優しい

このような理由で学校などでは再生紙・わら半紙が使われていますが、コストが重視される業務用としては、やはり普通紙を購入したほうが良いと思います

サイズ別 激安コピー用紙一覧

A4サイズで激安のコピー用紙

「Forestway コピーペーパーEX A4 500枚*10冊」

1枚当たりの値段
10箱(50,000枚)以上 0.53円(税別)
5箱(25,000枚)以上 0.55円(税別)
2箱(10,000枚)以上 0.56円(税別)
1箱(5,000枚) 0.57円(税別)

B5サイズで激安のコピー用紙

「Forestway コピーペーパーEX B5 500枚*10冊」

1枚当たりの値段
10箱(50,000枚)以上 0.46円(税別)
5箱(25,000枚)以上 0.47円(税別)
2箱(10,000枚)以上 0.48円(税別)
1箱(5,000枚) 0.50円(税別)

B4サイズで激安のコピー用紙

「Forestway コピーペーパーEX B4 500枚*5冊」

1枚当たりの値段
10箱(25,000枚)以上 0.92円(税別)
5箱(12,500枚)以上 0.94円(税別)
2箱(5,000枚)以上 0.96円(税別)
1箱(2,500枚) 1.01円(税別)

A3サイズで激安のコピー用紙

「Forestway コピーペーパーEX A3 500枚*5冊」

1枚当たりの値段
10箱(25,000枚)以上 1.22円(税別)
5箱(12,500枚)以上 1.24円(税別)
2箱(5,000枚)以上 1.26円(税別)
1箱(2,500枚) 1.29円(税別)

fw_600x68_20191019b


SNSでもご購読できます。

コメントを残す