意外と知らない!?本当に正しい封筒や書類に使うペンの種類や太さ

送られてきた封筒の宛名を見た時、細いペンでは頼りなく貧弱に感じることがあります。ビジネスマナーとして、封筒の宛名を書くペンに決まりがあるのでしょうか。そもそもペンの太さにはどのような種類があるか、意外とわかっていないことが多いようです。就活などの場合にはエントリーシートや履歴書など、ペンが活躍する場面もしばしば。ここでは、封筒やその他のビジネスシーン、就活でのペンの使い方などについて学んでいきましょう。

目次

-ひとつ上の大人に!封筒に使うペンの太さを気にしてみては
-取引先などへの郵便、封筒に使うペンの種類。最も丁寧なのは万年筆
-就活や履歴書の提出でおすすめのペンの種類

ひとつ上の大人に!封筒に使うペンの太さを気にしてみては

封筒に使うペンの太さによって文字の印象が変わる

封筒は受け取った人が一番先に目にする文字です。そのために、できるだけ良い印象を与えたいと思うのは当然でしょう。通常の文章の筆記に使うボールペンでは、封筒の宛名には細すぎて弱弱しく見えてしまいます。特に、定型外の大きい封筒の真ん中に書く場合、いかにも頼りなくバランスも取れません。ビジネスで書く宛先には、住所の他、会社名、部署名、役職名、さらに氏名があります。このため、太いペンを選び過ぎると、今度は詰まった感じになり、きゅうくつな印象を与えてしまいます。封筒の中味を準備するのに気を取られて、宛名はついおろそかになりがちですが、内容の良さを伝えるのも封筒の役割です。宛名もしっかりと意識して、最後まで気を抜かずに書きましょう。

書類と封筒でペンの太さを変える意識

書類は正確に楷書体で見やすく、というのが基本です。あまり太い文字では漢字がつぶれて、読みづらくなります。また長文を書く場合には、自分の文字に適した太さを選ぶことが必要です。個人によって筆圧や文字の大きさが異なるため、一番きれいに見えるペンの太さや書きやすさなど自分に合うペンの種類を知ることが大切です。中味の書類と封筒では、ペンの太さを変えることをおすすめします。ついそのまま、表書きに移ってしまいそうですが、封筒の種類やサイズによってペンを選び直します。同じペンを使っても封筒の材質が柔らかいものは太く見え、固いものは細く書けます。大切な書類の郵送の場合、封筒を複数準備しておくと安心です。

取引先などへの郵便、封筒に使うペンの種類。最も丁寧なのは万年筆

万年筆のなめらかさが理想的。封筒は超極太ボールペンで

書類や手紙で格が高く見えるのは、万年筆です。なめらかさや筆致の美しさは、ボールペンではなかなか出せません。筆圧によって太く書くことも可能です。しかし、実際には扱いに慣れていないこともあり、上手に書けない人や経験がないという人も珍しくありません。ボールペンの場合、文字を書くのは中字の0.7mmが一般的です。封筒の宛名には、この中字の2倍以上の太さの超極太ボールペンが良いでしょう。太さはおよそ1.6mmです。しっかりとした書き心地で、書きやすく、バランスがとりやすいのも太字ボールペンの良さです。最近は長時間の筆記に向くジェルインキのボールペンが人気ですが、封筒の宛名書きには、濃く力強い上ににじみにくい油性インキがおすすめです。

封筒や書類にサインペンやマジックは基本NG

いかに大きな角封筒であっても、ビジネス上の宛名はマジックではやや乱暴な感じを与えます。実際に書き込むとわかりますが、ぼったりとした印象がぬぐえず、あまり上品な印象ではなくなります。通販などでは気になりませんが、書類を送る場合、取引先が宛名となります。失礼にならないよう、丁寧な雰囲気を心がけます。サインペンも同様ですが、文字がつぶれない程度の太さで、真っ黒にならないようであれば問題ありません。

ビジネスで封筒の宛名を書く機会が多いのであれば、宛名専用の太字ボールペンを準備しておくのが良いでしょう。ボールペン業界では、一般に使われる中字に次いで、極太ボールペンが売れているといいます。需要の高さからも、必要な場面が多いことが伺われます。

就活や履歴書の提出でおすすめのペンの種類

字がキレイに見える万年筆は慣れると得なことが

学生時代にはシャープペンシルが当たり前だった筆記用具も、社会人となれば変わります。特に就活の際の履歴書やエントリーシートに、鉛筆のような書き直しができる筆記用具を使うことはNGです。ペンケースの中味を学生時代と切り変えて考えて下さい。万年筆の扱いに慣れて置くと、今後の社会人生活で非常に役に立ちます。どの場面でも問題なく使えますし、文字がもっとも美しく見えると言われています。新入社員となった際にも、万年筆を使いこなしていれば、ひと味違って見られる可能性大です。就活に入ったら、ボールペンだけではなく万年筆にトライしてみてはいかがでしょうか。

ペンケース内のボールペンおすすめラインアップ

やはり使い慣れたボールペンで勝負、という場合にも、他の人と差をつける方法があります。ボールペンの太さを適所で変え、書類にインパクトを与えます。書類全般ではスムーズさを印象づけるジェルインクの0.7ミリがおすすめです。細かい書き込み用に0.5ミリも準備しておくと重宝します。また、強調したい部分には、油性インクの1.0ミリを使いましょう。下線をつけるという人もいますが、太さや濃さでアピールした方が読みやすくスマートです。封筒の宛名は忘れずに極太ボールペンを使って丁寧に。封筒や文字だけで判断されるわけではありませんが、細かい気配りがマイナスになるということはありません。


ボールペンの太さ 用途
0.5ミリ 細かい書き込み
0.7ミリ 書類全般
1.0ミリ 強調したい部分
1.6ミリ 封筒の宛名

fw_600x68_20191019b


SNSでもご購読できます。

コメントを残す