ペーパータオルを知ろう!

皆さんはペーパータオルを使用する機会はありますか?最近のペーパータオルは厚手のものが多く洗って使用することもできます。また、ペーパータオルは使い捨てなので衛生面も安心です。この記事ではそんなペーパータオルの性質や使い方を説明したいと思います。また、キッチンペーパーとの違いなども紹介したいと思います。

目次

-ペーパータオルとは?
-ペーパータオルとキッチンペーパーの違い
-人気のペーパータオル紹介

ペーパータオルとは?

ペーパータオルってどんなタオル?
皆さんはペーパータオルとはどんなものか正確に認識していますか?一般的にペーパータオルといえば、トイレなどに置いてある使い捨ての、手洗い用の紙のことを言います。トイレではディスペンサーというケースに入っていることが多いです。手を拭く使い捨てのペーパータオルは「ハンドタオル」と呼ぶこともあります。市販されているペーパータオルはロールで販売されていることが多く、厚手のものは一度水につけても再度利用することができます。ぞうきん代わりに使用することもできます。

・公共機関ではトイレに手拭用に使用されている
・ハンドタオルと呼ぶこともある
・市販されているものは厚手のものが多くぞうきん代わりに使用できる

ペーパータオルは意外と耐久性に優れているので、何度でも使用できる製品も多く販売されています。掃除や料理などにも使用できるのでとても便利ですね。

ペーパータオルとキッチンペーパーの違い

ペーパータオルとキッチンペーパーの違いについて
ペーパータオルとキッチンペーパーの明確な違いは特にありません。料理などに利用するのがキッチンペーパーで、使い捨てでぞうきん代わりに使用できるのがペーパータオルといった感じです。呼び方もメーカーによって「ハンドタオル」と呼んだり「キッチンタオル」と呼んだりと、メーカーによって名称も異なっているのが現状です。

キッチンペーパーの特徴としては吸水性が高く、吸油性にも優れています。主に料理全般に使用できるのでキッチンペーパーと呼ばれています。ペーパータオルは吸水性に優れていますが、使い捨てのものが多いのが特徴です。

ペーパータオル キッチンペーパー
特徴 ・使い捨てのものが多い
・公共機関ではトイレなどの手拭として置いてある
・吸水性に優れている
・吸水性と吸油性に優れている
・料理全般に使用できる
・再利用が可能

ペーパータオルには吸油性がないものが多いので、吸油性が優れているものがキッチンペーパーで、そうでないものがペーパータオルといってもよいかもしれませんね。

人気のペーパータオル紹介

コスパの良い人気のペーパータオル紹介
この見出しでは、コストパフォーマンスに優れたペーパータオルを3点ほど紹介いたします。

最初に紹介するペーパータオルは日本製紙クレシアから販売されている「スコッティ ファイン洗って使えるペーパータオル61カット」です。この製品のおすすめポイントは、一度水につけても絞って使える吸水性と耐久性です。ぞうきん代わりに使用できるので、いろいろな場面で活躍してくれます。

商品名/メーカー おすすめポイント 価格
スコッティ ファイン洗って使えるペーパータオル61カット/日本製紙クレシア ・一度水につけても絞って再利用できる
・耐久性に優れている
300円前後

次に紹介するペーパータオルは、東海加工紙から販売されている「業務用ペーパータオルM200枚×5パック」です。この製品のおすすめポイントは抜群の吸水性です。使い捨てなので、トイレなどのお手拭用に活躍してくれます。コストパフォーマンスも優秀です。

商品名/メーカー おすすめポイント 価格
業務用ペーパータオルM200枚×5パック/東海加工紙 ・吸水性に優れている
・使い捨てなので衛生面が良い
800円前後

最後に紹介するペーパータオルは、日本製紙クレシアから販売されている「スコッティペーパーふきんサッとサッと400枚」です。この製品のおすすめポイントは幅広い用途に使用できる点です。排水溝の掃除から調理器具の掃除、洗面所の掃除、手洗い後の手拭などに使用できます。値段もお手ごろ価格なので、コストパフォーマンスも優秀です。

商品名/メーカー おすすめポイント 価格
スコッティペーパーふきんサッとサッと400枚/日本製紙クレシア ・吸水性に優れている
・使い捨てなので衛生面が良い
・幅広い用途に使用できる
200円前後

ペーパータオルはメーカーによって性質が異なるので、用途に合ったペーパータオルを使用しましょう。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す