麦茶を飲んで健康になろう!

皆さんは麦茶を飲みますか?麦茶はカフェインが入っておらず、代わりにミネラルが豊富に含まれているので子供から大人まで安心して飲むことができます。そこでこの記事では麦茶に含まれている栄養分から麦茶のおいしい飲み方を皆様に紹介したいと思います。この記事を通して麦茶をおいしく飲んで健康になろう。

目次

-麦茶の成分紹介
-麦茶のおすすめの飲み方
-麦茶の歴史

麦茶の成分紹介

麦茶のすごい成分紹介
麦茶には人間に必要不可欠なミネラル(カリウム、マグネシウム、亜鉛、リン、マンガン)が含まれおり、このミネラルが血液をさらさらにしてくれてさらに体温を下げてくれます。

また麦茶には塩分は含まれていません(一部製品には入っている)ので、水分補給をする際は塩を少し入れると良いですね。

さらに、麦茶にはカフェインが入っていませんので、小さな子供から妊婦さんも安心して飲むことができます。まさに「一石三鳥」のすごい健康飲料ですね。

・ミネラルが含まれている
・カフェインが含まれていない
・血液がさらさらになる

麦茶は子供からお年寄りまで飲める健康飲料ですので、普段から積極的に麦茶を飲むようにしましょう。

麦茶のおすすめの飲み方

麦茶のおいしくて健康的な飲み方紹介
麦茶はちょっとした手間でおいしく変身します。最初に紹介する飲み方はカルピスの麦茶割りです。意外と思う人が多いと思いますが、カルピスの甘みと麦茶のほろ苦さが絶妙にマッチします。カルピスの麦茶割りはちょっとという方は麦茶に砂糖を入れるのをおすすめします。少量の砂糖で甘みを感じることができるのでダイエットをしている人におすすめですね。砂糖が無い場合はガムシロップでもおいしくなりますので、ぜひ一度試してみてください。

また、牛乳で麦茶を割ってもおいしいです。麦茶に牛乳を入れて砂糖をお好みで入れて飲むのもおいしくておすすめです。

・カルピスの麦茶割り
・角砂糖を入れる
・ガムシロップを入れる
・麦茶の牛乳割り

お酒を飲む人はよく麦茶で割って飲んでいますよね。麦茶はいろいろな食事にあいますので、自分でオリジナルの麦茶を作ってみても面白いかもしれませんね。

麦茶の歴史

麦茶の歴史紹介
麦茶の歴史は意外と古いです。麦茶が日本にやってきたのは縄文時代の終わりから弥生時代の初めごろだといわれています。そして、奈良時代になると全国で大麦が栽培されるようになりました。

また、平安時代には麦とご飯を混ぜた麦ご飯が庶民の間で食されるようになりました。大体この時代に麦茶が飲まれるようになったそうです。この頃の麦茶は貴族の飲み物だったそうです。その後戦国時代には武者たちが好んで飲んでいました。

江戸時代に入ってようやく麦茶は一般庶民の飲み物になりました。江戸時代から明治時代にかけて麦湯をふるまう麦湯屋が流行りました。今でいう喫茶店のようなものだったそうです。昔から、麦茶はすごい人気ですね。

・縄文時代の終わりに日本に伝来した
・奈良時代になると全国でさいばいされるようになった
・平安時代には麦ご飯として麦が庶民の味になった
・戦国時代になると武者が好んで麦茶を飲んだ
・江戸時代から明治時代にかけて麦湯を振舞う麦湯屋が流行った

麦茶は大昔から日本人に食されていたのですね。今後も健康食品として麦茶の人気は続きそうですね。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す