プリンターを知ろう!

皆さんは普段仕事でプリンターを使用していますか?プリンターにもいろいろと種類がありインクジェット方式が主流になっています。また印刷方式としてベルト方式とドラム方式の2つがあります。この記事ではこの両タイプの違いについて説明したいと思います。

目次

-インジェクトプリンターとレーザープリンターの違い
-ベルト方式とドラム方式の違い
-コストパフォーマンスの良いプリンター紹介

インジェクトプリンターとレーザープリンターの違い

インジェクトプリンターとレーザープリンターでは何が違う?
インジェクトプリンターとレーザープリンターとでは、いったい何が違うのでしょうか。実はインクの定着方式に違いがあります。インジェクトプリンターでは微細なインクの粒子を紙に吹き付けて印刷を行ないます。レーザープリンターではドラムが内蔵されておりそこでトナーを紙に圧着して印刷をします。インジェクトプリンターはインクを吹き付けるのに対して、レーザープリンターはインクを圧着すると言ったイメージですね。レーザープリンターのほうがランニングコスト的には安く済みます。

・インジェクトプリンターはインクを吹き付けて印刷をする
・レーザープリンターはインクを圧着して印刷をしている
・レーザープリンターはランニングコストがかからない

プリンターの種類によってランニングコストは変わってきますので、一概にレーザープリンターのほうが優れているとは言い切れませんが、平均的にレーザープリンターのほうがコスト的に優れています。

ベルト方式とドラム方式の違い

ベルト方式とドラム方式の違いについて
プリンターの印刷方式にはドラム方式ベルト方式があります。ドラム方式はロールにトナーをつけておきドラムを回転させてそのトナーを紙に圧着する印刷方式です。この方式はレーザープリンターなどに採用されている方式です。ベルト方式は転写ベルトにトナーを付着させて紙を巻き込んでプリントする方式です。この方式もレーザープリンターによく使用されている技術です。ベルト方式もドラム方式もきれいに印刷することができるので、プリンターを購入する際にはあまり印刷方式まで意識する必要は無いのかもしれません。

・ベルト方式は転写ベルトにトナーを付着させて紙に転写する仕組み
・ドラム方式はロールにトナーを付着させておき、ドラムを回転させる際に紙にプリントする仕組み

ベルト方式の弱点としては、転写をするので若干プリントのズレが生じる可能性があります。ドラム方式の場合は印刷時間に多少時間がかかる場合があります。ですが、最近のプリンターは技術が進んでいるので印刷のズレもほとんど無く、印刷速度も速いですね。

コストパフォーマンスの良いプリンター紹介

コスパの良いプリンター紹介
最近のプリンターは低価格で高スペックの商品が多いですね。この見出しではそんなコスパの良いプリンターを3点ほど紹介いたします。

最初に紹介するプリンターはキャノンから販売されている「CanonプリンターインジェクトPixusiP2700」です。この商品のおすすめポイントは発色の良さです。高密度プリントヘッド技術「FINE」により、鮮やかな発色の印刷が可能になっています。コストパフォーマンスにも優れた一品です。

製品名/メーカー おすすめポイント 価格
CanonプリンターインジェクトPixusiP2700/キャノン ・発色がきれい
・耐水性に優れている
4000円前後

次に紹介するプリンターはエプソンから販売されている「EPSONプリンターインクジェット複合機カラリオEP-808AB」です。この製品のおすすめポイントは6色印刷で発色がとてもきれいです。またWi-Fiにも対応しているのでスマホの写真もすぐに印刷できます。

製品名/メーカー おすすめポイント 価格
EPSONプリンターインクジェット複合機カラリオEP-808AB /エプソン ・発色がきれい
・無線LAN対応
・自動両面プリント
15000円前後

最後に紹介するプリンターはブラザー工業の「brotherプリンターA4インジェクト複合機PRIVIO DCP-J963N-W」です。この製品のおすすめポイントは4色インクできれいに印刷できます。また、PDFデータをダイレクトで印刷できます。価格もお手ごろで、コストパフォーマンスにも優れたプリンターです。

製品名/メーカー おすすめポイント 価格
brotherプリンターA4インジェクト複合機PRIVIO DCP-J963N-W /ブラザー工業 ・発色がきれい
・無線LAN対応
・自動両面プリント
・PDFダイレクト印刷
13000円前後

プリンターは各メーカー特徴が異なる場合が多いので、自分のビジネススタイルに適したプリンター選びをするようにしましょう。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す