ドライヤーを正しく使おう!

皆さんはどのようなドライヤーを使用していますか?最近はハイスペックでコストパフォーマンスに優れた優良製品が多く販売されています。この記事ではそんなハイスペックなドライヤーを紹介したいと思います。また髪の毛の痛まないドライヤーの使い方なども説明します。乾かし方一つで髪の毛に与えるダメージを大きく変わってきますのでこの記事を通して大事な髪の毛を守りましょう。

目次

-ドライヤーの正しい使い方
-ナノケアの効果
-おすすめのドライヤー紹介

ドライヤーの正しい使い方

正しい髪の乾かし方
実はドライヤーを使った正しい髪の乾かし方があります。最初に注意しなければならないのは、ドライヤーを使う前にタオルである程度水分をふき取っておくことが重要です。タオルで濡れた髪の水分を除去する際も、ごしごしとタオルを動かすのではなく、髪に押し付ける感覚で水分を吸い取ってください。ある程度タオルで髪の水分が除去できたら、ドライヤーの登場です。ドライヤーで髪を乾かす際は、髪の根元を重点的に乾かしてください、毛根に水分が残ってしまうとバイ菌が繁殖しやすくなってしまうので注意が必要です。髪の根元がきちんと乾いていれば、あとはドライヤーを温風から冷風に切り替えて髪の毛へのダメージを減らすようにしましょう。

・ドライヤーを使う前にタオルで水分をふき取る
・髪の毛の根元を重点的に乾かす
・ある程度髪が乾いたら冷風に切り替える

以上の点に気をつけていれば、さらさらヘアーを維持することができます。

ナノケアの効果

ナノケアの効果
最近「ナノケア」という言葉を良く聞きますよね。このナノケアはいったいどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか?簡単にナノケアを説明するとマイナスイオンやミネラルを髪に与えてキューティクルを保護してくれるシステムのことです。メーカーによってナノケアの内容が若干異なっていますが、最近のドライヤーならマイナスイオンを使ったナノケアをしてくれます。キューティクルを保護すると髪同士の摩擦が減るので、抜け毛なのどの予防にもなります。

・マイナスイオンを髪の毛に与える
・ミネラル成分を髪に当ててキューティクルを守る
・キューティクルを守ると髪や毛根へのダメージが減少する

ナノケアは便利な機能ですが、あくまでおまけ程度に考えておいたほうが良いです。基本の髪の乾かし方をしっかりと守ることが重要です。

おすすめのドライヤー紹介

ここでは、コストパフォーマンスにも優れた便利なドライヤーを3点ほど紹介したいと思います。

最初に紹介するドライヤーは「テスコム」から販売されている「テスコム ヘアドライヤーionマイナスイオン」です・このドライヤーのおすすめポイントは、ドライヤーから広範囲にマイナスイオンが出る点です。コストパフォーマンスも抜群なおすすめドライヤーです。

製品名/メーカー おすすめポイント 価格
テスコム ヘアドライヤーionマイナスイオン/テスコム ・マイナスイオンが広範囲に出る
・風量が大きい
3000円前後

次に紹介するおすすめドライヤーは「パナソニック」から販売されている「パナソニックヘアドライヤーイオニティマイナスイオンシーンターボ」です。この製品はターボ機能を搭載しているので風量が他のドライヤーよりも大きいです。また、マイナスイオンも出ているので髪の毛にも優しい設計がされています。価格も比較的安価なので、コストパフォーマンス的にも優秀といえます。

製品名/メーカー おすすめポイント 価格
パナソニックヘアドライヤーイオニティマイナスイオンシーンターボ/パナソニック ・マイナスイオンが出る
・風量が大きい
・カラーバリエーションが豊富
3000円前後

最後に紹介するドライヤーは「ヴィー・ヴィー」の「ヴィー・ヴィーヘアードライヤーマイナスイオンドライヤー」です。この製品のおすすめポイントは風量の調整が2段階で、熱量の調整が3段階で調整できる点です。細かな設定が可能なので、髪のお手入れもしやすいですね。

製品名/メーカー おすすめポイント 価格
ヴィー・ヴィーヘアードライヤーマイナスイオンドライヤー/ヴィー・ヴィー ・マイナスイオンが出る
・風量が2段階で調整が可能
・熱量が3段階で調整可能
4000円前後

ドライヤーは各家電メーカーとも機能が似ているので、製品選びに神経質になる必要はなさそうです。マイナスイオンが出ていて、風量と熱量の調整ができるものであれば合格といってよいでしょう。ドライヤーのスペックよりも髪の毛の乾かし方に注意をしてほしいですね。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す