体脂肪計を使って正しい健康管理をしましょう!

皆さんは自分の体脂肪を細かく把握していますか?日本は飽食の国なので、ついついおいしいものを食べ過ぎて体脂肪がつきやすい環境ですよね。そこで、健康管理に役立つ医療機器が「体脂肪計」です。この記事では体脂肪計の仕組みから、体脂肪計算方法などを紹介したいと思います。また、高性能で低価格なおすすめの体脂肪計なども紹介いたします。この記事を通して自分の体脂肪と向き合って見ましょう。

目次

-体脂肪率の計算方法
-体脂肪計の仕組み
-おすすめの体脂肪計

体脂肪率の計算方法

体脂肪率の計算紹介
最近のデジタル式の体重計は体重以外にもいろいろな情報を教えてくれますよね。その一つが体脂肪率です。デジタル式の体重計では微弱な電気が体に伝わるようにできています。体脂肪率はその電気抵抗の値から算出されます。人間の脂肪は電気を通しづらく、電気抵抗の値も大きくなります。よって、電気抵抗の値に比例するように体脂肪率も変化します。筋肉質の人は電気を通しやすく、電気抵抗の値も低くなっています。この体脂肪率ですがメーカーによって若干数値が異なりますので注意が必要です。

デジタル式の体重計を持っていない人は体脂肪率の変わりにBMIの数値を計算することをおすすめします。BMIとは(Body Math Index)の略で、肥満の具合を数値で表したものです。計算方法は簡単で、自分の体重(kg)を身長(m)の2乗で割った値です。健康な人の数値は18.5~25の間です。ですので、BMIの数値が25を超えている人は注意が必要ですね。

・体脂肪率は体の電気抵抗で算出される
・電気抵抗が大きいと体脂肪率が高い
・BMI(肥満指数)は体重と身長が分かれば計算できる

体脂肪率とBMIの数値は違うので注意してください。

体脂肪計の仕組み

体脂肪計の仕組み紹介
上記の見出しで体脂肪率を計測するには体の「電気抵抗」を計測すると説明しました。この方法を生体電気インピーダンス法と言います。計測器メーカーの「タニタ」ではさらに体脂肪率の精度を高めるために「マルチ周波数測定」と「リアクタンステクノロジー」という技術を使用しています。

マルチ周波数測定とは何かというと、体に流れる微弱な電流の周波数を計測して、体脂肪率の電気抵抗地の値の精度を上げる技術です。この技術はタニタ独自のもので、かなり高度な技術といえます。

リアクタンステクノロジーとは人間の細胞外液の抵抗成分(レジスタンス)と細胞膜の容量成分(リアクタンス)の数値を得ることで、より精度の高い体脂肪率を計測する方法です。かなり難しい技術ですが、この方法を使用することで精度の良い体重計を作ることができます。

・体に流れる電流の周波数を計測する「マルチ周波数測定」という技術が使用されている
・体の細胞の成分を数値化する「リアクタンステクノロジー」という技術が使用されている
・「マルチ周波数測定」と「リアクタンステクノロジー」を使用することで、精度のよい体重計が作れる

「マルチ周波数測定」と「リアクタンステクノロジー」はタニタの技術なので、他のメーカーの体重計で採用されているとは限りませんので注意してください。

おすすめの体脂肪計

おすすめの体脂肪計紹介
最初に紹介する体脂肪計は計測機器メーカー「タニタ」から販売されている「タニタ 体重・体組成計乗るピタ機能」です。この体脂肪計のおすすめポイントは内臓脂肪レベルまで計測してくれる点です。また、短時間で計測が完了するので、ストレス無く使用できます。コストパフォーマンスも優れた優良製品です。

製品名/メーカー おすすめポイント 価格
タニタ体重・体組成計乗るピタ機能/タニタ ・計測時間が短い
・内臓脂肪が計測できる
・比較的安価
3200円前後

次に紹介する体脂肪計は大手電気機器メーカー「オムロン」から販売されている「オムロン体脂肪計HBF-306-W」です。この製品のおすすめポイントは両手で持つだけで簡単に体脂肪率を計算してくれます。また、BMIの計算も同時にしてくれるので、とても便利ですね。コストパフォーマンスに優れたおすすめ商品です。

製品名/メーカー おすすめポイント 価格
オムロン体脂肪計HBF-306-W /オムロン ・両手で持つだけで計測が可能
・BMIが計測できる
・比較的安価
4000円前後

最後に紹介する体脂肪計はパナソニックから販売されている「パナソニック体重・体組成計EW-FA13-M」です。この製品のおすすめポイントは体重などのデータを1年間分保存できる点です。体重の変化を記録できるのでダイエットをする人におすすめの体脂肪計です。価格も比較的安価でコストパフォーマンスも言うこと無しですね。

製品名/メーカー おすすめポイント 価格
パナソニック体重・体組成計EW-FA13-M /パナソニック ・乗るだけで自動で電源が入る
・体重データを保存できる
・安価
2000円前後

体脂肪計はいろいろな特徴を持った製品が数多く販売されているので、自分のライフスタイルや用途に適した体脂肪計を使用するようにしましょう。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す