マスキングテープ&養生テープの効果的な活用法とは

ホームセンターなどでも売っているマスキングテープ・養生テープ。主に引っ越しにおいて活躍するテープです。そもそもマスキングテープ・養生テープって何?どのように使うのが効果的なの?という疑問にお答えしたいと思います!

目次

-きれいにはがせるのがマスキングテープの特徴
-引っ越しにおけるマスキングテープ活用法
-まとめ

きれいにはがせるのがマスキングテープの特徴

・マスキングテープや養生テープって何?
まずは、両者の違いを簡単にまとめてみました。

製品 特徴
マスキングテープ 紙テープ
塗装の際に使用
養生テープ ポリエチレン繊維
養生シートを貼る際に使用

いずれも手で切りやすく、ガムテープよりも粘着力が弱いので、きれいにはがすことができます。

マスキングテープは、塗装の際にテープを貼っておくことで、色を塗りたくない部分を守ることができるというものです。

一方で養生テープは、引っ越しなどで壁や家具などを傷つけないように、養生シートを止める際に使用するテープです。壁や家具を傷めないような適度な粘着力になっています。

引っ越しにおけるマスキングテープ活用法

・目印ラベルとして使用
養生テープやマスキングテープを小さく切って貼り、中身や所有者の名前などを書けば、簡単に目印ラベルの出来上がりです!養生テープはマジックで書き込みができますし、マスキングテープは紙製なのでボールペンなどでも書くことができます。

カラーバリエーションも豊富なので、荷物を移動する際の目印ラベルとして活用しましょう。

・電源コードをまとめるのに使用
養生テープは電源コードをまとめるためにも活用できます。配線がごちゃごちゃにならないよう、養生テープでまとめておきましょう。

ただし、コードのつなぎ目には使用しないでください。発火の危険性があるので、つなぎ目やプラグ以外の部分で止めるようにしましょう。

・収納ケースの引き出しを止めるのに使用
引っ越しの時は、衣類などの収納ケースの引き出しが飛び出してこないよう、止めておく必要がありますよね。しかし、ガムテープで止めてしまうと、粘着力が強くてうまくはがせなかったりします。そんな時に便利なのが、養生テープです。

粘着力が強いわけではないので、ベターっと多めに貼った方が良いでしょう。逆に言えば、たっぷり貼ってもきれいにはがすことができるので安心です。

まとめ

養生テープやマスキングテープは、使い方次第でさまざまな活用法があることをご紹介してきました。ぜひ引っ越しの際はうまく活用して、効率的に作業をしてみてくださいね。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す