印刷に使う「マットコート紙」ってどんなもの?

印刷物は使う紙によって印象がガラリと変わります。複数の種類がある印刷用紙の中で、今回は「マットコート紙」についてくわしくご紹介したいと思います。紙の特徴を把握しておくことで、印刷物をより理想的な見た目に仕上げることができますよ!

目次

-マットコート紙とコート紙の違い
-マットコート紙はどんな印刷に向いているの?
-マットコート再生紙という選択肢もある
-まとめ

マットコート紙とコート紙の違い

・マットコート紙の特徴
表面に光沢の少ない、手触りがサラサラな紙です。上質紙のような一般的な紙よりはツヤがありますが、落ち着いた印象を与えます。また、マットな質感なので、書き込みなどにも適しています。

・コート紙の特徴
ポスターなどによく使われる、表面に光沢のあるツルツルした紙のことです。発色が良く、光の反射で存在感を示すことができるので、見る人にインパクトを与えます。

・マットコート紙とコート紙の違い
大きな違いは「光沢の有無」です。両者ともチラシやポスター、カタログなどに使われることが多い紙で、与えたい印象によって使い分けるのが良いでしょう。

マットコート紙はどんな印刷に向いているの?

・マットコート紙を使うと効果的なシチュエーション
マットコート紙を使うのに向いているシチュエーションは、以下のようなものです。

気品のある落ち着いた雰囲気のチラシをつくりたい
書き込みができるタイプのカタログをつくりたい
太陽光のもとでも見やすいポスターをつくりたい

コート紙では表現しにくいような「落ち着いた雰囲気」や「書き込みができる」というメリット、そして「光の反射が少ない」というメリットを活かしたシチュエーションでの印刷物に向いています。

マットコート再生紙という選択肢もある

・マットコート再生紙とは?
その名の通り再生紙を使用したマットコート紙のことであり、環境にやさしいのが特徴です。一般的なマットコート紙よりも白色度が低くなることが多く、より落ち着いた色合いになります。

・マットコート再生紙を使うメリット
普通のマットコート紙よりも白色度が低いので、白くなりすぎないナチュラルな色の表現が可能です。マットコート紙よりもさらに落ち着いた雰囲気に仕上がるので、目的によっては検討してみても良いと思います。

まとめ

マットコート紙とコート紙の違いや、マットコート紙の特徴をくわしくご紹介してきました。コート紙とマットコート紙では、仕上がりの雰囲気がまったく異なります。目的や仕上がりのイメージによって使用すべき紙が違うので、自分のイメージに合う紙質を探してみましょう!


SNSでもご購読できます。

コメントを残す