柔軟剤について柔軟に考えてみる

洗濯物が柔らかくなる、いい香りが付く。柔軟剤には魅力的な効果がありますが、一方で健康への悪影響も懸念されています。ここでは柔軟剤の具体的な効果から、メリット・デメリット、肌への影響についてまで、柔軟剤にまつわる様々なことについて掘り下げていきます。柔軟剤について詳しく知りたいという方は、ぜひとも参考にしてみてください。

目次

-そもそも、柔軟剤って使ったほうがいいの?
-世界の砂糖の原料の生産地域はここ!
-柔軟剤による健康への影響が問題になっているけど……
-この食べ物や飲み物には、どんな種類の甘味料が使われている?

そもそも、柔軟剤って使ったほうがいいの?

柔軟剤の具体的な効果とは

柔軟剤は洗濯した衣類をやわらかく、いい香りに仕上げるために使われます。硬くゴワゴワした衣類が、柔軟剤を使用したことによって柔らかく着心地が良くなったという例は数多くあり、柔軟剤が手放せないという人も大勢います。また、洗濯用洗剤だけでは取り除けなかった臭いも、柔軟剤を入れることによって解消されることも多々あります。

柔軟剤の使用については様々な意見がありますが、洗濯後に乾かした衣類が硬くて肌が痛い、洗濯後の臭いが気になるという人は一度柔軟剤を試してみてはいかがでしょうか。人によっては柔軟剤を全く受け付けないという方もいらっしゃいますが、まずは試しに使用して自身の肌で確かめてみてください。

柔軟剤のメリットとデメリット

柔軟剤には様々な薬品が使われており、使用に当たっては賛否両論の意見がありますが、ここでは具体的なメリットとデメリットについて見てみましょう。

メリット デメリット
・衣類が柔らかくなる
・いい香りになる
・静電気の防止に繋がる
・肌荒れの原因になる
・生地を痛めやすい

柔軟剤は適量を守って使用しないとかなり強い臭いを発してしまうので、使用する際は必ず適量を守りましょう。また、衣類によっては生地を痛めてしまう原因にもなるので、大切な服はしっかりと適量を守るか、もしくは柔軟剤を使用しないほうが懸命かもしれません。

香りがあったりなかったり〜柔軟剤の種類〜

香り付き柔軟剤の種類

柔軟剤の役割は本来、衣類を柔らかくするものですが、最近では香りを目的に使用する人も増えてきています。ここでは人気の香り付き柔軟剤をいくつかご紹介していきます。

商品名 クイーンズシルク
ブリリアントローズアロマの香り
オーガニック ランドリー
オーキッドの香り
クラシック
フローラル 900ml
特徴 シルクのような「なめらかな肌触り」を実現し、天然アロマオイル配合。ブリリアントアロマの香りが大きな特徴。 天然植物由来のものにこだわった柔軟剤。肌と衣類の摩擦を抑え、肌に発生するチクチク感・ゴワゴワ感を見事に軽減。特筆なのはカンボジアの女性たちが手がけたデザインを起用したという斬新なパッケージ。オーキッドの香りが特徴。 着る香水」をイメージした柔軟剤。すれ違った人が思わずうっとりするような優雅な気分をイメージしたという、上品でクラシカルな香りが特徴。
価格 750円 1000円 830円

無香柔軟剤の種類

柔軟剤=香り付きというイメージがありますが、無香の柔軟剤を好んで使用している方もいらっしゃいます。無香の柔軟剤につきましても人気商品について見てみましょう。

商品名 ナチュラルふわふわ柔軟剤 fabrush 柔軟剤
無香料
ベビーファーファ
肌着用柔軟剤
特徴 肌に負担がかかる原料は一切使用していなく、敏感肌の方や赤ちゃんの衣類にも安心して使用できます。使うたびに生地を柔らかくする天然の大豆由来の柔軟成分を使用しており、肌に優しい抗菌剤を使用しているので、部屋干しをしても嫌な臭いを残しません。 香りを必要としない洗剤の香りを楽しみたい方、香り付け剤や香水など自分好みの香りにしたい方へオススメの柔軟剤。 赤ちゃんが使用することを前提にして作られた柔軟剤なので、敏感肌の方でも使用できます。
価格 750円 520円 1300円

柔軟剤による健康への影響が問題になっているけど……

柔軟剤の健康への影響について

皮膚が弱い人が柔軟剤を使うことによって、肌が荒れてしまうというケースが多々報告されているようです。皮膚が敏感な方は成分の強い柔軟剤の使用はオススメできません。成分の強い柔軟剤の代表としては「陰イオン系合成界面活性剤」を主成分としたものです。強い洗浄能力がある一方で、皮膚に対して強い毒性が認められています。

皮膚が弱い成人はもちろんですが、皮膚アレルギーを抱えた子どもが使用すると肌がただれてしまう危険性もあるので、使用する際は注意が必要です。

特に子どもは注意が必要

敏感肌の子どもが薬品効果の強い柔軟剤を使用するとアレルギーの原因となってしまう場合があるので、子ども用の衣類に柔軟剤を使用する場合は、皮膚の状態や柔軟剤の強度には十分な注意が必要です。皮膚のみならず柔軟剤の強い香りでくしゃみが止まらなくなったり、頭痛を引き起こしたり、気持ちが悪くなる、吐き気がするなど様々な症状が報告されているので、少しでも以上が現れたら柔軟剤の使用を止めましょう。

柔軟剤はあくまでも「プラスアルファ」なものなので、健康を害する恐れがある場合は直ちに使用を中止する選択が懸命です。

fw_600x68_20191019b


SNSでもご購読できます。

コメントを残す