美味しくインスタントコーヒーを飲もう

皆さん普段インスタントコーヒーは飲みますか?手軽に作れるインスタントコーヒーは便利ですよね。この記事では、おすすめのインスタントコーヒーの入れ方やインスタントコーヒーの正しい保存方法などを紹介したいと思いまうす。またインスタントコーヒーのカフェインとカロリーの量なども説明します。この記事を通してインスタントコーヒーを上手にかっこよく飲みましょう。

目次

-インスタントコーヒーのおすすめの飲み方
-インスタントコーヒーを発明したのはどこの国の人
-おすすめのインスタントコーヒー

インスタントコーヒーのおすすめの飲み方

インスタントコーヒーの美味しい飲み方

インスタントコーヒーはお湯を注げば簡単に作れますよね。そんな簡単で便利なインスタントコーヒーですが、ちょっとしたひと手間で格段に美味しくなります。まずコーヒーの美味しさを判断するには「香り」「コク」「苦味」「酸味」「甘み」の5つの要素が重要になってきます。この5つの要素のうちどれを重要視するかによって、飲み方が変わってきます。お湯を注ぐ前にインスタントコーヒーをフライパンなどで炒ると「香り」と「苦み」が格段に引き立ちます。また、お湯を注いだインスタントコーヒーに塩を入れると「酸味」が強くなります。ほかにも、お湯を注ぐ前に少量の水でインスタントコーヒーを練ると、コーヒーのうまみが格段に上がります。カップに注ぐお湯の温度も80℃~90℃の間が適温だと言われています。

このように、ちょっとしたひと手間で普通のインスタントコーヒーを自分好みの味に変えることができるので、一度試してみてください。

・インスタントコーヒーをフライパンで炒ると香りが引き立つ
・お湯を注ぐ前に少量の水でインスタントコーヒーを練っておくと、香りとコクが深まる
・インスタントコーヒーに塩を入れると、酸味が引き立つ
・お湯とインスタントコーヒーの分量は、しっかりと守ったほうが美味しく仕上がる
・カップに注ぐお湯の温度は80℃~90℃が適温

インスタントコーヒーでも、少しの工夫でお店の味に近づけることができるので、ぜひ一度試してみてください。自分なりのこだわりを持って、インスタントコーヒーを飲んでみましょう。

インスタントコーヒーのカフェインとカロリーの量

インスタントコーヒー一杯当たりのカロリーの量は288kcalです。ミルクや砂糖を控えれば、カロリーを抑えることができます。コーヒーダイエットというものが流行っていますが、それにはブラックコーヒーがおすすめです。コーヒーの中に含まれているクロロゲン酸カフェインには、脂肪燃焼の効果があります。また、カフェインには利尿作用があり、体の循環が良くなります。足のむくみなどにも効果があると言われています。適度なカフェインを摂取することは実は健康によいのです。でも、コーヒーが美味しいからといって、飲みすぎないように注意が必要ですね。

インスタントコーヒーを発明したのはどこの国の人

インスタントコーヒーを発明したのはどこの国の人?

インスタントコーヒーの歴史は意外と古いです。18世紀のイギリスでカスの出ないインスタントコーヒーの開発をしていましたが、香りの持続や保存方法がうまくいきませんでした。その後、19世紀のアメリカでインスタントコーヒーの開発が始まりました。このときにもコーヒーの香りと保存方法という壁にぶつかりました。そんなときに登場したのが、日本人科学者の「加藤サトリ」です。

加藤サトリは、水に溶けるインスタント緑茶の研究をしていました。そして加藤の存在を聞きつけたアメリカのコーヒー業者が、加藤にインスタントコーヒーの開発を依頼します。そして、加藤はインスタントコーヒーの保存の問題を解決し、見事インスタントコーヒーの開発に成功しました。そして加藤が開発したインスタントコーヒーの製造方法はアメリカで特許を取ることになりました。しかし、なかなか加藤の開発した製品が売れることはなかったそうです。

その後、第二次大戦中にスイスのネスレ社が良質なインスタントコーヒーを米兵に供給することで、世界中にインスタントコーヒーが広まっていきました。インスタントコーヒーを開発したのが日本人というのは驚きですね。

・18世紀イギリスでインスタントコーヒーの開発が始まるが。失敗に終わる
・19世紀アメリカでインスタントコーヒーの開発がされるが、コーヒーの保存方法がうまくいかずに失敗に終わる
・1901年に日本人科学者の「加藤サトリ」が、インスタントコーヒーの開発に成功する
・第二次世界大戦の際に、スイスのネスレ社が良質なインスタントコーヒーをアメリカ軍に供給したことで、インスタントコーヒーが認知されるようになる

何気なく飲んでいるインスタントコーヒーですが、過去の技術者たちの不断の努力がなければ、完成してなかったのかもしれませんね。

おすすめのインスタントコーヒー

おすすめのインスタントコーヒー紹介

ここでは、数多く販売されているインスタントコーヒーのなかから、おすすめのインスタントコーヒーを何点か紹介します。

最初におすすめするインスタントコーヒーは、「ネスレ日本」から販売されている「ネスカフェゴールドブレンド」です。インスタントコーヒーを飲む人なら、一度は口にしたことがある製品です。この製品のおすすめポイントは「酸化しにくい」という点です。コーヒーは、酸化すると味が落ちるという弱点があります。ですが、ネスカフェゴールドブレンドは特殊な製法でインスタントコーヒーを製造しており、酸化しにくいという性質を持っています。なので、長期間保存しても味が落ちることがありません。

製品名/メーカー おすすめポイント 価格
ネスカフェゴールドブレンド135g/ネスレ日本 ・上品な香りとコクが売り
・酸化しにくいので長期間保存しても美味しく飲める
1000円前後

次におすすめするインスタントコーヒーは「株式会社ミトク」から販売されている「ビオピュールオーガニックコーヒー100g」です。このインスタントコーヒーのおすすめポイントは、有機栽培されたコーヒー豆を使用している点です。香り高く、美味しいコーヒーです。

製品名/メーカー おすすめポイント 価格
ビオピュールオーガニックコーヒー100g/ミトク ・有機栽培されたコーヒー豆を使用している
・香りが良い
1000円前後

インスタントコーヒーは、手ごろな価格で簡単に作れるのが魅力ですね。普段インスタントコーヒーを飲まない人も、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

fw_600x68_20191019b


SNSでもご購読できます。

コメントを残す