最新の電動ポット事情

皆さんは普段電動ポットを使用していますか?お手入れが大変であまり使用していない人が多いのではないでしょうか。しかし、最近では洗浄が簡単にできて、容量も大きいものが多く販売されています。そこで、この記事ではおしゃれで機能性に優れた最新の電動ポット事情をお伝えします。また、簡単にできる電動ポット料理なども紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

-最新の電動ポット
-電動ポットの電気代ってどれくらい?
-電動ポットで簡単クッキング

最新の電動ポット

おしゃれで便利な電動ポット

最近日本の電動ポッドがものすごい進化を遂げています。少し前の電動ポットとは、容量が少なくお湯を沸かすのにも何十分も時間がかかり、ポッドの中も洗いにくいといった問題点がありました。しかし、最近の電動ポッドはこれらの問題点を独自の技術で改善されています。そこで、この見出しでは、最新機能が詰まったおすすめの電動ポッドを紹介します。

最初に紹介する電動ポッドは「象印VE電気まほうびん2.2L」です。この電動ポッドのおすすめポイントはプラチナフッ素加工された内容器によって、お湯の水質を変化させ打事ができます。湯沸かしの設定をお茶にすると、一番美味しいお茶が飲める状態にお湯の水質を変化させて沸かしてくれます。この機能を使えば、誰でも簡単に美味しいお茶を入れることできますね。

製品名/メーカー おすすめポイント 価格
象印VE電気まほうびん2.2L/象印 ・お湯の水質を変化させることができる
・蒸気レス構造でカビを抑えることができる
1万3000円前後

次に紹介するおすすめの電動ポッドは、タイガー魔法瓶から発売されている「蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん」です。この製品のおすすめポイントは、蒸気レス構造と動作音の静かさです。内容量も3リットルあり、一度にたくさんお湯を沸かせますね。

製品名/メーカー おすすめポイント 価格
蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん/タイガー魔法瓶 ・お湯の水質を変化させることができる
・蒸気レス構造でカビを抑えることができる
1万3000円前後

以上の表を見ると、日本の家電メーカーが世界で人気な理由がわかりますね。

電動ポットの電気代ってどれくらい?

電動ポットの電気代

電動ポッドって電気代がかかるイメージがあると思いますが、最近の電動ポッドはお財布にも優しい設計が施されています。象印のまほうびんでは内蓋や側面の断熱層を強化することで、電動ポッドの保温力が高まり、消費電力を削減することに成功しています。

電動ポッドの消費電力を抑えるには、保温時間の短縮が効果的です。ほとんどの電気ポットには自動でヒーターをカットする機能が備わっているものの、そのような機能がない場合は、使う分だけお湯を沸かして、保温をできるだけしないことです。普通の電動ポットで1日に2回お湯を沸騰させて、1日保温を続けると、大体年間1万円かかります。電動ポットのメリットは保温力ですが、無駄に保温を続けていると電気代が高くなるので注意が必要です。電気料金を抑えるためには以下の注意点を頭に入れておいてください。

・保温力の高い電動ポットを使うこと
・保温時間の短縮を意識すること
・少量のお湯を沸かすときは電子レンジを使いましょう

保温の必要性がないのであれば、ガスコンロや電子レジを使用した方が電気料金については安くなる場合があるので、用途によって家電を使い分けることが重要ですね。

電動ポットで簡単クッキング

電動ポットで作るお手軽料理

電動ポッドを使って簡単な調理が可能です。最初に紹介するのは「レタスの温野菜」です。作り方はとても簡単です。最初に、レタスを4分の1にカットします。ポットのふたを開けてお湯の中にレタスをいれます。この時、お湯の量は半分くらいしておきましょう。レタスを入れたらふたをして、10分から15分程度待ちましょう。火が通ったらレタスを取り出して、ドレッシングをかければ完成です。他の野菜でも応用が利くので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

1、レタスを4分の1にカットする。
2、電動ポットでお湯を沸かす。(水の量は半分くらい)
3、ふたを開けてレタスを入れる
4、10分程度待つ
5、ふたを開けて、ドレッシングをかければ完成

次に紹介する料理は「ゆで卵」です。ゆで卵も非常に簡単で、電動ポットに水を入れてその中に卵を入れます。ここで気を付けなければならないのが、沸騰時間です。大体一般的な電動ポットであれば、15分程度で卵の黄身がしっかりと固まったゆで卵が完成します。非常に簡単なので、ちょっと料理のトッピングに物足りなさを感じたら、電動ポットでゆで卵を作ってみるのも良いですね。

1、電動ポットにお湯を入れる(水の量は7割くらい)
2、卵を電動ポットに入れる(3個程度がちょうどよいです)
3、15分間沸騰させる

ポットの中に水以外のものを入れる際は、固形物がポットの中に残らないようにしっかりと洗うように。

便利で高性能な電動ポットを賢く使って、スマートな日常生活を送りましょう。

fw_600x68_20191019b


SNSでもご購読できます。

コメントを残す