知っておきたい名刺交換のビジネスマナーまとめ

ビジネスパーソンならば絶対に知っておきたい、名刺交換のマナーを、わかりやすく解説します。手順を意識しすぎてガチガチになる必要はありませんが、やはり基本のマナーは抑えておきたいところです。一度読んでおけば、スムーズに実践できるはずですよ。。

目次

-名刺交換の手順
-名刺を持っていない場合の対処法
-名刺の管理方法

名刺交換の手順

・1 立ってあいさつし、交換しやすい位置へ移動する
座って待っていた場合は立ち上がってあいさつし、名刺交換をしやすい位置まで移動しましょう。

・2 名刺を準備し、胸の高さで持つ
名刺は名刺入れの上に置いて、胸の高さで持っておきます。複数人と交換する場合は、残りの人数分を名刺入れの下に持っておくことで、取り出しやすくしておきましょう。

・3 名前を名乗り、両手で差し出す
目下の人から先に「会社名」と「名前」を告げます。軽くお辞儀をして、名刺を差し出します。目上の人が先に名乗った場合は、「申し遅れました」と前置きしてから名乗りましょう。

名刺を差し出す際は、基本的に胸の高さのままです。ただ、目上の人の名刺よりも下の位置になるように気を付けましょう。

受け取る順番は、目上の人の方が先です。ただ、最近では名刺を同時に交換することが多いので、その場合は右手で自分の名刺を差し出しつつ、左手で相手の名刺を受け取ります。

複数人の場合は、目上の人から名刺交換をする形になります。またもらった名刺は名刺入れの下に忍ばせ、次の人との交換に移るようにしましょう。

・4 両手で名刺を受け取る
受け取った名刺は名刺入れの上に乗せておきます。両手で相手の名刺を受け取り、「頂戴いたします」と伝えましょう。

・5 交換後も名刺入れの上に乗せておく
名刺交換が終わって席についたら、自分の左前に名刺を置きます。その際も自分の名刺入れの上に乗せたままにしておきましょう。

相手が複数いた場合は、最も役職の高い人の名刺だけを名刺入れの上に乗せて、その他の名刺はテーブルに並べます。明確な上下関係がない場合は、すべての名刺をテーブルに並べてもOKです。

名刺を持っていない場合の対処法

・持っていない場合は正直に言う
名刺は事前に準備をしておくべきですが、不足した場合や忘れてしまった時は正直に言いましょう。「名刺を切らしておりまして」と断ればOKです。大事なチャンスを逃すことにもなりかねないので、必ず多めに用意しておくことをオススメします。

名刺の管理方法

・名刺はホルダーで管理
もらった名刺は、名刺ホルダーに入れて管理しましょう。また、相手の特徴や話の内容を名刺の裏にメモしておくと、次に会う時に役立ちます。ただ、相手と話している間にメモするのは失礼なので注意してください。
名刺ホルダー商品一覧はコチラ


SNSでもご購読できます。

コメントを残す