意外と知らない、靴下の正しい洗い方

靴下の汚れは、主婦の悩み。特に子どもの白い靴下はなかなか汚れが取れず、苦労しますよね。大人でも男性は毎日靴下のお世話になりますし、女性もお気に入りに毛玉ができると気分が下がります。靴下の洗い方を変えると、何か解決できるのでしょうか。正しい靴下の洗い方とは?汚れや臭い落とし、素材別の扱い方など、靴下を洗う方法について詳しく調べていきます。

目次

-靴下には正しい洗い方がある
-素材別の靴下の洗い方
-しつこい「汚れ」を落とす靴下の洗い方
-しつこい「ニオイ」を落とす靴下の洗い方

靴下には正しい洗い方がある

靴下を長持ちさせる洗い方

通常素材の靴下は、洗濯機で洗うのが一般的ですよね。ついそのまま放り込みたくなりますが、ひと手間加えると靴下が長持ちします。まず先に靴下を裏返しにしてから、ネットに入れて洗います。こうすることで、靴下表面の生地がこすれず、毛玉の防止に。洗濯機やほかの衣類との接触も少ないので、繊維を傷めません。ひんぱんに洗う靴下には、柔軟仕上げ剤の利用を。繊維同士の摩擦を和らげ、しなやかに保つことができます。

塩素系漂白剤や紫外線は靴下の敵?

靴下のはき口のゴムは、漂白剤や紫外線で劣化が進みます。汚れがひどくて漂白剤を使用したいときには、酸素系などの繊維に優しいものを選びましょう。部分的にもみ洗いのあと、洗濯機で洗えばOK。洗剤が残っていると、紫外線の影響がさらに大きくなります。すすぎは丁寧に行い、干すときにはゴムがあるほうを上にして、陰干しするのがおススメです。

素材別の靴下の洗い方

デリケートな素材の靴下は中性洗剤で

靴下とひと口にいっても、今はさまざまな素材のものがあります。綿など比較的丈夫な素材であれば、一般的な洗剤で大丈夫ですが、シルクやウール系では中性洗剤を使います。また、素材によっては水温にも注意しなければなりません。靴下に使われている素材と、洗濯の方法の注意点をまとめてみました。

〈靴下の素材と洗濯の方法〉

素材 洗濯時の注意
ウール アルカリに弱い
中性洗剤を使用
熱を加えるとフェルト化する
乾燥機厳禁
アンゴラ・モヘア 毛落ちしやすく、風合いが損なわれやすい
中性洗剤で手洗いがベスト
静電気が起きやすいので、仕上げに柔軟剤を
カシミヤ 最高級素材
光沢を失わないように、中性洗剤で手洗い
シルク 非常にデリケート
洗濯をくり返すと、繊維が硬化する
ぬるま湯と中性洗剤で優しく手洗い
日陰干し
アクリル 毛玉になりやすいので、裏返して洗う
静電気防止のため、柔軟剤は必須
乾燥機不可
綿 汚れを吸収しやすいので、部分洗いを
シワができやすい
よく広げて乾かす
ナイロン 強度はあるが、熱に弱い

 しつこい「汚れ」を落とす靴下の洗い方

王道のつけおき洗いは水温が味方に

もっとも手強い汚れといえば、子どもたちのスポーツをした後などの靴下ですよね。泥汚れと汗からの皮脂が混在して、かなり強力です。汚れは時間が経つほど落ちにくくなるので、早めに処理してしまうのが大切。

1 泥汚れを落とす
2 表裏から部分洗いをする
3 洗剤濃度を高くしたぬるま湯につけ置き
4 洗濯機で洗う

最初に泥や土の汚れを流して洗います。その後、洗剤をつけてもみ洗い。このときに固形石鹸を使うと、布地の表裏から楽に洗うことができます。さらに、洗面器に少な目にぬるま湯を張った洗濯漕に洗剤を入れて、浸け置きしてから洗うと完璧です。

意外!ビー玉で毎日の洗濯が楽ちんに?

それほどの汚れではなく、なるべく手間をかけたくない人におススメなのが、ビー玉作戦。靴下の中にビー玉を3~4個入れて洗うだけです。ビー玉の動きによって洗濯機の洗浄力が向上、そのまま洗うよりも格段にキレイになります。ビー玉が飛び出すのが心配なときには、ネットに入れると安心です。

ただし、入れすぎると逆効果です。ビー玉が中で動けるように、大きな靴下でも5個くらいまでにしましょう。

しつこい「ニオイ」を落とす靴下の洗い方

洗っても臭い靴下の原因は菌?

洗ったハズなのに、靴下が臭いような気がする……。それは、雑菌残りのせいかもしれません。特に一日中革靴を履くお父さんの靴下は、子どもたちの泥汚れとはまた違う強烈さがありますよね。完全に除去するためには、漂白剤とつけ置きで対処します。洗濯機にそのまま放り込まずに、一度漂白剤を溶かしたお湯につけておきましょう。

そのとき、靴下を必ず裏返しにします。あるメーカーの実験によると、表を出して洗った場合と裏返した場合では、臭い汚れに対して明らかな違いがみられたそうです。足から出る汗と皮脂、そこから発生する雑菌を完全に落とすためには、「靴下裏返し」が必須です。

重曹やクエン酸プラスお湯が効果的

色物の靴下を洗う場合や、肌への影響が心配というときには、重曹やクエン酸を使えば臭いを除去する高い効果があります。このとき、つけ置きをするのは、なるべく温度が高いお湯のほうが効果的。ただし、素材によって熱への耐久性が異なるので、調節をしてください。

靴下に直接、重曹やクエン酸をもみ込んでもOK。安全性が高く、経済的な価格なので毎日使うのに適しています。洗濯機でほかの家族のものと洗っても、これなら嫌がられませんよね。

fw_600x68_20191019b


SNSでもご購読できます。

コメントを残す