制汗剤の種類と使い方

皆さんは体臭のエチケットは大丈夫ですか?特に夏場はよく汗をかくので体臭が気になりますね。そんな時に便利なのが「制汗剤」です。今現在多くの化粧品会社から様々なタイプの制汗剤が販売されています。スタンダードなスプレータイプや直接お肌に塗るローションタイプなど、形から機能までいろいろです。そこでこの記事では制汗剤の種類とそのメリット・デメリットを紹介したいと思います。

目次

-スプレータイプのメリット・デメリット
-スティックタイプのメリット・デメリット
-ロールオンタイプのメリット・デメリット

スプレータイプのメリット・デメリット

スプレータイプの特徴

市販されている制汗剤の中で一番種類が多いのがこのスプレータイプです。石鹸のにおいなどする香料タイプと無臭の無香料タイプの2種類が販売されており、体臭がきつい人は香料タイプを使用したほうが良いかもしれません。スプレータイプの一番のメリットは広範囲に使用できる点です。脇以外にも腕や足などにも簡単かつ均一に制汗剤を体に吹き付けることができます。デメリットとしては容量が若干少ない点です。

香りがついている香料タイプの制汗剤の中には少し香りが強い製品も販売されており、一度にたくさん使用してしまうと逆に体臭が悪化する場合があるので注意が必要です。また、服の上から制汗剤スプレーを吹き付けている人がいますが、基本的に制汗剤はお肌に直接つけなければ、制汗効果を発揮できないので、制汗剤を使用する際は軽く汗を拭きとってから直接お肌につけてください。以下にスプレータイプのメリット・デメリットを示します。

種類 メリット デメリット
スプレータイプ ・広範囲に使用できる
・均一に制汗剤を体につけることができる
・容量が少ない
・制汗効果は比較的弱い

スプレータイプは手軽で簡単に使用できるので、急に体臭や汗が気になったときにもすぐに対処できます。注意点としては、スプレータイプは種類が多く、製品によって制汗剤の成分が異なる場合があるので、使用する際は使用上の注意事項を熟読して、正しく制汗剤を使用するようにしましょう。

スティックタイプのメリット・デメリット

スティックタイプの特徴

スプレータイプに次いで人気があるのがスティックタイプです。スティックタイプの特徴としては制汗力が強いものが多く、効果が長持ちする製品が多い点です。スプレータイプと違って肌にスティック状の制汗剤を押し付けながら使用するので、よくお肌に浸透して抜群の制汗効果を発揮してくれます。また、製品自体がリップクリームと同じくらいの大きさなので、持ち運びに便利です。

しかし、スティックという形状なので、手の届く範囲にしか使用できないのが難点です。また、スティック状の制汗剤が肌に触れる面積が少ないので、塗りムラが生じる場合があり、使用する際はムラが生じないようにしましょう。

種類 メリット デメリット
スティックタイプ ・持ち運びに便利
・制汗効果が強い
・効果が長持ちする
・広範囲の使用には向いていない
・塗りムラが生じる場合がある

スティックタイプは値段も手ごろなものが多いので、コストパフォーマンス的にも優秀ですね。持ち運びが便利なので、外出する時にはポーチなどに入れておけば安心ですね。

ロールオンタイプのメリット・デメリット

ロールオンタイプの特徴

最後に紹介するのはロールオンタイプです。文字どおり先端に制汗剤が付着している球がついていて、この球を転がして脇の下などに直接塗りこんでいくタイプです。ロールオンタイプの最大のメリットは、手を汚さずに、きれいに制汗剤を脇などに塗ることができる点です。ペーパータイプやクリームタイプの制汗剤は、手に制汗剤がついてしまうので、制汗剤を塗るたびに手を洗う必要があります。手を汚さず清潔に使用きるのがロールオンタイプの魅力ですね。また、ロールオンタイプはお肌の曲線的な面に対してもきれいに塗ることができ、ムラが生じにくいです。制汗力も強い製品が多くとても人気です。

ロールオンタイプのデメリットとして、制汗剤を塗った後は少し乾くまで服を着ることができないという点です。その点を除けば特に製品としての弱点はなく、コストパフォーマンスにも優れた優秀製品といえます。

種類 メリット デメリット
ロールオンタイプ ・塗りムラが生じにくい
・制汗力が強い
・手を汚さず使用できる
・制汗剤が乾くまでに少し時間がかかる

いろいろなタイプの制汗剤が販売されていますが、一番大事な事は、自分の体質と生活習慣に適した制汗剤を使用するということです。どの製品にも長所と短所があるので、しっかりと製品の特長を見極めることが重要です。

fw_600x68_20191019b


SNSでもご購読できます。

コメントを残す