手荒れを避けたい人のための、掃除用手袋の選び方

最近の住居用洗剤は、洗浄力が強くとてもキレイになります。その一方、素手で扱うのは、手荒れや湿疹の原因になりそうで心配ですよね。掃除用手袋を利用するのが一番ですが、どうもゴワゴワして掃除しづらいという声も聞きます。掃除がしやすくて安全な、掃除用手袋の選び方はあるのでしょうか。素材を確認しながら、用途に適した掃除用手袋について見ていきましょう。

目次

-そもそも、掃除用手袋の素材って何?
-用途別の正しい掃除用手袋の選び方
-素材やサイズ、耐久性などの点でおすすめの掃除用手袋

そもそも、掃除用手袋の素材って何?

もっとも多いのはビニール素材

家庭用として販売されている掃除用手袋には、意外にたくさんの種類があります。素材としては次のようなものがあります。

l  ビニール
l  天然ゴム
l  ポリエチレン
l  ポリウレタン
l  ニトリルゴム(合成ゴム)
l  綿
l  マイクロファイバー

もっとも多く使われているのは、安価なビニール素材。市販のヘアカラーなどにも付いてきますよね。安くて使い捨てにするのには良いですが、すべりやすく細かい作業に向かないのが難点です。フィット感がないので、スプレーをかけるなどの簡単な作業には使えそうです。

素材ごとの特徴と厚さ

掃除用手袋の主な素材の特徴をまとめてみました。

素材 特徴
天然ゴム 環境に優しい。柔らかさがあり、固くなりにくい。ゴムアレルギーの人は注意が必要。
ニトリル 耐油性に優れ、突き刺しに強い。ゴムアレルギーの人も使える。
塩化ビニール もっとも安価。耐油性に優れ、劣化しづらい。
ポリウレタン 弾力性があり、柔らかい。溶剤に強い。

掃除用手袋には、素材だけではなく、厚みや長さなどの種類があります。

l  厚手
l  中厚手
l  うす手
l  極うす手
l  ロング

厚みによって使用感がかなり変わります。購入の際には素材だけではなく、厚みもチェックしたほうが良さそうですね。

用途別の正しい掃除用手袋の選び方

漂白剤・洗剤に強いのはビニール製

素材によっては、使用する液体に適さないものもあります。漂白剤や洗剤に強いのは、ビニールの掃除用手袋です。冬季や浴室掃除、窓ふきには厚手のものを選ぶと良いでしょう。汚れのひどいところには、使い捨てのポリエチレン製を惜しみなく。会社など多人数で掃除する際にも、便利です。

冷蔵庫やエアコンなど特殊な溶剤を使って手入れをする場合には、溶けたり変質したりしにくいポリウレタンが安心です。肌の弱い人は、裏布付きや起毛裏を選ぶと長時間の作業でも、かゆみなどが出る事はありません。

繊細な作業にはこの素材

ニトリルゴム(合成ゴム)や天然ゴム素材で、うす手・ごくうす手を選ぶと、素手のような感覚で作業ができます。細かな場所の掃除や、草むしりにも対応できます。外掃除で、刺し傷や破れの可能性がある場合には、天然ゴムの厚手が安心です。天然ゴムの臭いが苦手、あるいはアレルギーがあるという人は、ニトリルゴムを選びましょう。天然ゴムは油や溶剤に弱いので、作業にそれらの利用がある場合にも、ニトリルゴムが適しています。ただし、熱には弱いのでゴミ焼却などには向きません。

素材やサイズ、耐久性などの点でおすすめの掃除用手袋

100均のマイクロファイバー手袋はほこりに強い

大掃除などでほこりを取りながら清掃する場合、大活躍するのがマイクロファイバーの手袋。100円ショップで売られている、カラフルな手袋です。これが意外な優れもの。掃除機をかけながら、目に付いたほこり取っていくことができます。テレビ台の裏側や、カーテンレールなど、掃除機を持ったままでも片手で済ませられるので、ハンディモップやハタキに持ち替える二度手間がありません。蛍光灯の上側など、手が届けば見えなくても指の感覚で掃除できてしまうのも便利。ファイバー繊維がヘタってしまわないうちは、洗濯をして何度でも使えます。

水濡れにも強く、吸水性もあるので水回りの掃除にも使えます。その場合には、内側にうす手のビニール手袋をすると手が濡れず、気持ち悪くありません。

また、キーボードの手入れや、家具のすき間など、細かいところの掃除にも重宝します。

使い捨てのおむつ替え用手袋は超便利

もともとは介護用品の分類ですが、コストパフォーマンスに優れていて掃除用にも最適なのが、おむつ替え用の手袋。素材は、ごくうす塩化ビニール製です。ぴったりフィットして、繊細な作業にも素手感覚で使える上、伸縮性があります。サイズは2種類ですが、よほどビッグサイズの人でなければ問題ないでしょう。耐久性にも優れ、洗剤や漂白剤も大丈夫。針などとがったものでひっかけなければ、破れることもありません。また、裏側にパウダーがふってあるので、着脱もスムーズです。ゴム素材ではないのでアレルギーの心配も少なく、臭いもありません。

100枚入りで700~800円程度。掃除用手袋としては、かなりおススメの商品です。

fw_600x68_20191019b


SNSでもご購読できます。

コメントを残す