クラフトテープと布テープ、ガムテープなどとの違いを解説

137485

オフィスワーカーにとって、非常に身近なアイテムと言えるクラフトテープや布テープ。また、他にも様々な特徴をもつ各種粘着テープについて、少しだけ知識を深めてみませんか? 上手に使い分けることで、オフィスライフが便利に! かつ、コストカット効果が見込めるようになるかも…?


商品 価格 商品詳細
クラフトテープ 1mあたり2.38円 詳しくはこちら
布テープ 1mあたり5.72円 詳しくはこちら
OPPテープ 1mあたり2.48円 詳しくはこちら
マスキングテープ 1mあたり9円 詳しくはこちら

目次

-そもそもクラフトテープとはガムテープとは別のテープ
-クラフトテープと布テープの違いは価格と質
-ガムテープやoppテープ、マスキングテープなどテープの種類を比較
-クラフトテープと他のテープの価格や粘着力の違い

そもそもクラフトテープとはガムテープとは別のテープ

実は「ガムテープ=クラフトテープ」は間違い!?

クラフトテープとは、クラフト紙の片面に不溶性の糊が塗られたテープで、梱包用に使われることが多いもの。そのほとんどが剥離をするために、表面に合成樹脂によるラミネート加工が施されており、水や油をはじく性質をもっています。

「それってガムテープのことじゃないの?」と思ったあなた。決して間違いとは言い切れませんが、厳密に言うと「ガムテープ」というのは、別のテープを差す言葉なのです
皆さんがよく使われている「ガムテープ」が、実は「クラフト(粘着)テープ」という名前である、という事実は割と知られていないのかもしれませんね。

本来のガムテープは、水をつけて貼るもの

それでは「ガムテープ」とは、一体どんなテープなのでしょうか。それはなんとかの発明王エジソンが考案したという梱包用テープ。クラフト紙の片面に水溶性の糊を塗って乾燥させ、細長い帯状に仕立てたものになります。表面には何の加工もされておらず、ざらざらしたクラフト紙のまま。大学ノートの背表紙に貼ってある黒い紙、を想像するとわかりやすいかもしれませんね。

こちらのガムテープ、使う時には切手のように糊面に水をつける必要があることから、専用のディスペンサーも存在しているんですよ。

クラフトテープと布テープの違いは価格と質

それでは、梱包時に使うことの多いクラフトテープと布(粘着)テープの違いとは何でしょうか。
クラフトテープは前述の通り、クラフト紙を素材としたテープ。一方、布テープは「スフモス」という素材に粘着材を塗布したテープ、という点が大きく違います(ペットボトルから再生した素材を使用したものもあります)。

布テープについては

  • クラフトテープよりも粘着力が強く丈夫であること
  • 手でまっすぐに切れること
  • 油性インクで文字が書けること

といったメリットがあり、多用途に活躍していることはご存知の通り。近年ではカラーバリエーションも豊富に展開されています。
ただし、布テープはクラフトテープよりは高価格で重量が重い、という特徴もあります

クラフトテープは軽量で安価なことから、軽梱包用に重宝するもの。
クラフトテープと布テープに関しては、用途に合わせて使い分けるのが賢い方法と言えるでしょう。

ガムテープやoppテープ、マスキングテープなどテープの種類を比較

ガムテープの総称で呼ばれる粘着テープには他にも、oppテープ、マスキングテープといった複数の種類が存在します。
下記、各テープの特徴・用途について表にまとめましたので、オフィスでの使い分けの参考になさってみてはいかがでしょうか。

種類

特徴

用途
oppテープ
638909
  • ポリプロピレン材を透明なフィルムにして粘着材を塗布したテープ
  • 耐水性、耐湿性に優れている
  • 透明テープを含めカラー展開が豊富で、テープの厚みも様々
  • 中~重梱包用(テープの厚みにより使い分け)
  • 資材の識別用に用いられることも
マスキングテープ(養生テープ)
137485
  • ポリエステル製の粘着力が弱いテープ
  • 剥がしやすく、跡が残りにくい
  • 表面に文字を書くことができる
  • 手で簡単に切れる
  • カラー展開が豊富
  • 塗装やシーリング、コーキングをおこなう際などに、作業箇所以外の汚れを防ぐ目的で使用される
  • 仮止めや資材の識別用に用いられる
ダクトテープ
  • ポリエチレンコーティングが施された粘着テープ
  • 手で簡単に切れる
  • 粘着力、強度、防水性が抜群
  • 高機能なため、価格が高い
  • ダクトをはじめ様々な補修・保護に用いられる

クラフトテープと他のテープの価格や粘着力の違い

ここでは、先に取りあげた6種類のテープについて、価格と粘着力について表にまとめました。価格においては、粘着力で上下するというよりは、それぞれの素材により異なっているという印象。また、汎用性が高いものほど高価格であるようです。

クラフトテープや布テープは、オフィスでも高頻度に使うアイテムかと思いますので、コストダウンが図れる「まとめ買い」を検討されると良いですね。

種類 価格(1巻きあたり) 価格(1mあたり) 粘着力
クラフトテープ
669907
60円台~100円台(50m) 約1.2~4円 強い
布テープ
697308
100円台~300円台(25m) 約4~16円 かなり強い
oppテープ
638909
200円台(100m) 約2円~ 強い
マスキングテープ(養生テープ)
137485
200円台~300円台(25m) 約4~16円 弱い

fw_600x68_20191019b


SNSでもご購読できます。

コメントを残す